« オナラに匂いを付ける時代が来た | トップページ | 土用の丑の日のスーパー うなぎ焼特設小屋は地獄だった »

2007年7月30日 (月)

頚椎ヘルニア手術から脊柱管狭窄症手術へ カラー(コルセット)はいつ取れるだろう

手術後、ちょうど3カ月にならんとしている。そろそろカラーを外してもいい時期と思うが。

私は5月7日に手術入院する直前まで、マウンテンバイクで一日30km前後走っていた。これでずいぶん首周りの筋肉のトレーニングをしていた。これはいつでも、自分の足で走られる下半身を作っておきたかったからである。

頚椎の手術必要不可欠条件は、カラーで頚椎が安定するまですることになっている。私の場合のカラー装着状態である。

手術直後。

  • 四六時中やっていた。外すと首への負担が、はっきり痛みとして分かったから、とっても怖くて外せなかった。

手術後1カ月以降は外している時もあった。

  • 家の中にいるときは外していた。どこに凸凹があるか分かっているからだし、不意の衝撃は考えにくいからだ。
  • 外出時は必ず装着していた。

手術後1カ月以降で、必ず固定していた時は、

  • 寝る時は絶対にやっていた。睡眠中は無意識で、本人の自覚なしに不意に寝返ることがあるからだ。それが、どんなに酔っていても、カラーが朝起きたら、必ず首に巻きついていた。無意識でも怖かったんだねェ。
  • 外出している時は、どこでツマヅクか分からないし、だれがぶつかってくるか分からない、後ろからだれの呼ばれるかもしれない。そんな時は無意識に首が瞬時に健康体と同じ動きになるからだ。
  • 車に乗っている時は、追突してもされても首への衝撃は避けられない。それと多少ゆるくカラーをしていても、しているという意識がたえず首の神経を引き締めている。だが必要のないかぎり、車は避けていた。

手術後3カ月間、絶対にやってはいけないこと。

  • 自転車には乗らないことだ。これは横が向けないし、それに後ろも振り向けない。これではとても信号の無い交差点は渡れない自殺行為だと思った。
  • ラジオ体操でジャンプをしないこと。
  • 首をポキポキさせない、首を回さない。
  • 乗れるようになったとしても、マウンテンバイクのような前ガガミの自転車は、首への負担が大きいからしてはいけない。もし乗れる許可が下りても、しばらくはママチャリのような、背を伸ばした状態の自転車をゆっくり乗ることだと思う。ただし、今まで通りに横や後ろは振り向けないと思ったほうがいい。しばらくは市内より公園のような、交差するところがない所を走るべきだ。私は河川敷のサイクリングロードをユルユル走った。ここなら交差点も無いから安心できる。

外してもいい許可が下りたときに、最初にやってみたいこと。

  • ラジオ体操で首をグルグル回したい。今は首の代わりに腰を回Photo_2 している。首を回すのって、勇気がいるよなァ。首の中でコキッなんて音がしたらさァ、仰天だぜェ。
  • 首をポキポキさせたい。これも怖い。ボルトが外れて、首がコロコロと転がるような気がして。近くの子供が、キックなんて叫んだらアウトだもんね。

先日検診で、私のブログを読んだ執刀医が、こんなことをブログで書くと、皆が真似をするからやめて欲しいと叱られた。本当は外していると,、頚椎に負担がくるのではないかという不安を持ちつつ、もうそろそろという甘い判断で、自主規制解除を勝手に決めていた。反省。

改めて自分のヒ骨が、自分の頚骨と早く仲良くならないという、実に情けが無い親子関係を見たような気がした。他人の骨なら馴染まないのならそれもあるかと思うが、わが分身がだよ、実の子のヒ骨が親の頚骨に馴染まないなんて情けない。犬でも餌を3日もやればなつくのに。

さて手術後3カ月の検診結果、骨は今のところ順調に同化しつつあるようだ。CTを見るとボルトやヒ骨の輪郭がぼやけて見えるからだ。これからも油断は禁物である。この調子で次なる脊柱管狭窄症の手術はいつかと聞くと、G大学病院で、今まで頚椎の手術後、最速でも5カ月後だという。

なに?そうするとまだ2カ月も掛かるのか。そんなァ、ワシもう腰が折れそうになるまで、曲げて歩いている。こんな状態でもう2カ月はとても持つまい、とウソ泣きをして懇願した。もらい泣きした先生が、何とか努力するが、過去の経歴から判断すると、時期尚早で整形科一同の同意はなかなかもらえないだろうという。

もう一つ心配であった、採血の結果である。ようするに肝臓回りの数値が心配であった。先回は一度入院拒否をされた前科があるからだ。こんなこと二度もすると世間から反省の無いやつと笑われる。

でももう限界だ。もう腰をかがめてやっと歩いている。もしドタキャンPhoto でもあったら、その時は、その時はと、ドタキャン穴埋め入院患者に候補宣言してきた。

いまのところ、8月15日と8月30日に空きがあるというから、早いほうで頼んできた。15日はお盆で、先祖が揃って迎えに来て、応援をしてくれるからいいぞ。ただ許可が下りればの話だが。

|

« オナラに匂いを付ける時代が来た | トップページ | 土用の丑の日のスーパー うなぎ焼特設小屋は地獄だった »

コメント

夜叉ケ池応援ありがとうございました。元気な姿を見て安心しました。
当方腰が痛く昨年より1時間も遅いゴールとなってしまいました。そのうちに整形で診てもらおうかと思っていますが いい医者に出会えるか
心配です。

投稿: 大内 | 2007年7月30日 (月) 23時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/15896988

この記事へのトラックバック一覧です: 頚椎ヘルニア手術から脊柱管狭窄症手術へ カラー(コルセット)はいつ取れるだろう:

« オナラに匂いを付ける時代が来た | トップページ | 土用の丑の日のスーパー うなぎ焼特設小屋は地獄だった »