« 愛知県警のストーカー警察官に、事件後自殺も退職金が払われるって? | トップページ | いちのみやタワーパークマラソンが大繁盛 »

2007年11月16日 (金)

手術後の仕上がり。バイク時々小走り時々歩き

頚椎ヘルニアの手術が5月7日でもう半年になる。脊椎狭窄症の手術は8月17日でもう3カ月になる。

最近の仕上がり具合は順調で、首は多少動きが悪くなったぐらいで、これはなれればなんとかなる。肝心な腰のほうだが、まだコルセット外すことが不安でできないでいる。

運動のほうはグランドの中を歩いたり、階段登りをやっている。マウンテンバイクはほとんど毎日20~40kmぐらい走っている。その走りはスピードを掛けて走るのではなく、ママチャリより少し速い程度。手術前はそれこそ買ってもらった自転車に乗るのがうれしくて仕方がない子供のように、スピードを上げて走り回っていた。

手術後は患部をいたわりながら、段差で腰を浮かせてゆっくり走っている。そうすると、いままで見えなかった花や虫が見えてくる。まるで、ジョギングをしていたころの感覚に戻ってきた。それがうれしくってねェ、スケッチブックやカメラを持ち歩いている。

朝ラジオ体操のときは、ほんの少しの時間だけ、「その場駆け足Jul1205」や、「駆け足階段登り」を始めた。これを試したくって、自転車を降りて途中から駆け足をする。駆けるのでなく、歩くとほとんど同じスピードだが、少しはジョギングをした気分になれる。そして歩く。腰の調子が少しでも異変を感じるならば、すぐに自転車に乗る。

だからタイトルのように、バイク時々小走り時々歩きで、秋を満喫し45Photoている。

11月15日、定期健診があり、腰椎のCTと、頚椎と腰椎のレントゲンを撮った。すべて順調で、どのフイルムを見ても、教科書のように仕上がりがよかった。 そこで分かり易く、脊椎の4番と5番の間の手術前後の写真に説明を入れてみました。左が手術前、右が手術後です。実際の手術は、2番と3番、3番と4番、4番と5番の三箇所である。

いままでの腰部のコルセットは大きすぎて、自転車に乗ると、太ももが擦れる、乳首が擦れるという弊害を直すために、小型の運動性に優れたものに作り変えることにした。その型を取ってきた。これでもう少し動きやすくなるだろう。楽しみだ。

|

« 愛知県警のストーカー警察官に、事件後自殺も退職金が払われるって? | トップページ | いちのみやタワーパークマラソンが大繁盛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/17060333

この記事へのトラックバック一覧です: 手術後の仕上がり。バイク時々小走り時々歩き:

« 愛知県警のストーカー警察官に、事件後自殺も退職金が払われるって? | トップページ | いちのみやタワーパークマラソンが大繁盛 »