« 氏子総会の決戦前夜 | トップページ | 一宮市議会の先生は、一宮を夕張にしようとしている!全国の友人へ請願書発送 »

2008年1月14日 (月)

嗚呼とうとう、氏子総代になってまった

いよいよ決戦の時が来た。10時から「新高山登れ」である。少し早めに社務所に行き、暖房を入れる。机を並べて座布団を敷く。何でも少し早めに行き、会場の雰囲気に体を慣らしておくといい。何でもというと、なにがといわれるかもしれんが、結婚式の司会とか、公演会の講師をするときに、早めに会場に入っておくと、気が休まるのである。ドキドキが収まったころに始められるからだ。言っとくけど、結婚式の司会は5回と公演会の講師は1回やったでね。

この町内は、たった32軒しかない。そのうち60歳以上が52人ぐらいいる。ワシなんか65歳やでェ、相撲で言うなら序の口だ。今年は真清田神社の祭り担当の、大年行司の当番が回ってきた。

仕事はたいしたことなく、もう引き継ぎの次期に来ているが、土壇場になって、この町内にある神社の氏子総代が止めると言い出した。家族から止めさせて欲しいと申し出があった。どうも『アサッテの人』になりかけているという。

私が見ていても、急に悪化してきた感じだ。申し出を受けた町会長が、アンタが総会を引っ張ってくれと命令されてしまった。ワシね序の口だでねッ、でも昔の町内のガキのころからのボスに命令されると、文句が言えないのよ。

仕方無しに引き受けた時に、うすうす総代をワシに押し付ける雰囲気があった。

総会には町内の半分ぐらい参加してきた。今回初めて総会をするが、不参加した時は、総会の決議に同意したと見なしますという、脅しを回覧板で回した。欠席裁判で、出て行かないと総代にされると思った人もあったと思う。それでいいのじゃ!

こういう時に下書きになる、式次第を作っておいて、配布した。これがないと支離滅裂になる。会議は紛糾するだろう。これを配布して、特に決議を取る時には、できるだけ二者択一方式を取った。文句を言わせないようにした。

今回はだれもがやりたくないから、あまり発言をしないだろうと予想をしていた。案の定、発言を控えめにしているから、うるさ型に指名するように発言を求めた。

最後に「では、どなたか総代をしようという方はいませんか」と言うとみんな私と顔を合わせないように下を向く。そしらぬ顔で、隣の人と会話をする。

「アンタが受けたらどうか、適任だと思うが」とうるさ型が言ったのをキッカケに、一斉に「そうだそうだ」とうなずく。この機を逃したら、今度は私に番が回ってくるとばかりに、ウンウンとうなずく。

私はチョットトイレに立った。少し意地悪をしたくなった。この変な間合いが、みんなにどんな心理が働くかを楽しみたかった。友人の3人には、なり手がなかったら、最後はワシがするが、その時は応援をよろしくと頼んでいた。

最後にもう一度なり手がないのを確認して、私が2年限定で引き受けることを宣言すると、満を持して拍手をしてくる。

クッソ~ッ!そんで言ってやったわさァ、「ワシはね『安部だでねッ』、なんぞごと物議を起されたら、チャッチャと総辞職をするでねッ」と。「これから先輩の顔を伺いながらやっていくのは、気苦労だ。『ワシは安部だでね』そんでもいいかね」というが、なんでもいいやってくれとうなずく。

この小さな神社は、土地持ちでね、いま1千万ぐらい金を持っている。ワシよりぎょうさん持っている。だからワシを金から離さないと危険だから、会計を別の人に任せた。

「わしは総代じゃ」と叫んだ。だれかしなければかたが付かんから、でも少しぐらい町内の役にたつことをする、年になったと思う。

|

« 氏子総会の決戦前夜 | トップページ | 一宮市議会の先生は、一宮を夕張にしようとしている!全国の友人へ請願書発送 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/17683106

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼とうとう、氏子総代になってまった:

« 氏子総会の決戦前夜 | トップページ | 一宮市議会の先生は、一宮を夕張にしようとしている!全国の友人へ請願書発送 »