« 御鍬祭が始まった | トップページ | COCO壱番屋カレーで5辛をクリヤーしたぞ~っ! »

2008年4月23日 (水)

掛かり付けの内科医とケンカ

最近繁盛している医者と、そうでない医者の、患者への対応が両極であり、みっともない医者が出てきている。

先日、掛かりつけH小児内科へ、血圧の薬をもらいに行った。ここは、今から24年も前に、私の血圧が高いから運動を勧めた医者だ。お蔭様で、マラソンという世界を知ったキッカケを作ってくださった。そういう意味からは感謝している。

いつもなら受付に、「あとで取りに来るからクスリ出しといて」と言って、2時間ぐらい運動してから、取りに行く。ところが、この日は雨で、待合所で待っていた。看護婦からの呼び出しがあり、診察室に案内された。ここで、今日は薬を取りに来ただけだと言うと、「診察を受けてください」という。仕方なしに診察を受けたら、今度は採血をするという。

「なんで?今日は薬を取りに来たのに、なんで採血の必要がある」と聞いたら、健康診断をそこで初めて勧める。ここで私はムッとした。本来は採血でも診察でも本人の同意がいるンではないか、ということだ。採血を断って、薬をもらって帰ってきた。もう二度とこの医者は行かないだろう。annoy

私の知人の奥さんが、膝が痛いから整形を紹介してと言うから、M整形を紹介してあげた。ここで私は半月板の手術をしたことがある。私の紹介でもう、6人ぐらい手術をしている。私も時々膝を酷使すると、関節がギーコギーコと音が出るくらい油切れ状態になる。そんな時にヒアルロンサンを直接関節に注射してもらうと、アッという間に治る。その女性にそのことを教えた。

ところが、先日、膝の痛み止めの注射を打ったあと、リハビリを勧められた。そこで断ったら、猛烈に叱られた。「なぜ私の言う事が聞けないのか」と、机をたたいて怒ったという。彼女は先生のあまりの興奮に、血圧が上がり、病院のベッドに寝込んでしまったという。

医者としてはボチボチ治療を長引かせて、治療費を稼ぎたかったのに、注射を教えられたので、簡単に帰ってしまう。これでは、思惑通りに儲けにつながらないと思ったんだろう。

整形でも、後から若い先生が新型の機種をそろえて、開業すると、いきなり窮地にたたされる。この整形もそうだ。整形というと、死ぬような病気でないから、引き回して治療を遅らせて、診療費稼ぎをする。私も痛み止めとか、リハビリと証して、温シップ、電気治療、あとマッサージは大方の整形の定番である。あとするなら、針灸がある。これらなんか一向に快復の実感がない治療だ。新らしい病院では、「診断は超音波、MRI、筋力測定装置、三次元運動解析装置、歩行分析装置等、科学的に評価することが重要と考えています」とうたい上げる。片や小さなレントゲン一つでは太刀打ちができない。

四十肩なんて、整形の儲け頭だ。これなんかは、関節にヒアルロンサンを注射すれば、アッという間に治る。それを引き伸ばす治療をしている。患者も1年ぐらいすると、ウソのように治る。この四十肩は、時期が来れば治る一過性のものを、治療を重ねて引き伸ばしている。

そして、私のように腰痛でギリギリまで追い詰められた患者からの希望で、手術先を紹介する。これが大方の整形のやり口だ。ごめんね、岐阜大学のDr・Keiさん。あなたのことを言っているのと違うからね。

先生方に聞くが、もしガソリンスタンドに給油しに寄ったとしよう。店内で待っているうちに、ガソリン注入完成、オイル交換完成、クーラーガス充填完成、室内清掃と洗車完成、ラジエーター添加剤投入完成などドンドン勧められたら、あなたどうします?

私の車屋時代に実際にこんなことがあった。ひと月に2回しかガソリンを入れないのに、なんで4~5万円掛かるかと質問された。請求書を見ると、とんでもない作業内容が記載されていた。そこでスタンドに、今後一切ガソリン以外の作業をしたら、支払をしない。いままでは自動振込みだったのを、今後は現金で、しかも請求書を見てから払うという条件を飲ませた。それ以降、1万円を超えることは無くなったという。

医者は、人の命を預かっているということで、随分逃げ口上ができる。車屋はそんなことはできない。頼まれもしない作業なんかはとてもできないからだ。「アナタの健康のためだ」と言えば、大方の人が納得するだろうからだ。

診察に付加価値を付けたい気持ちは分かるが、もすこしやり方があるだろう。この内科医は、乾燥肌に私より早く掛かっているのに、私のほうが対処の仕方を「ワセリン」でうまく対応している。この医者はいまだ高額な薬を勧めている。勉強不足だ。タマゴはコレストロールが多いからやめろという、勉強不足の医者だ。

この日から、血圧の薬を止めて、運動に切り替えた。今まで、頚椎と脊椎の手術後、無理すると怖いから運動に精彩を欠いていた。そこで真剣に、怖かったウォーキングを開始した。毎日マウンテンバイク20~30km走った後、ウォーキングを5~10km開始した。

見ておれ、血圧のクスリからオサラバしてやるから。現に昨年の退院してまもない10月の血圧は約175-97であったが、薬を止めて運動を再開したら、約150-92ぐらいに下がった。寝る時なんかは、130ー89ぐらいになる。もう少し待ってろよ。

|

« 御鍬祭が始まった | トップページ | COCO壱番屋カレーで5辛をクリヤーしたぞ~っ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/40949387

この記事へのトラックバック一覧です: 掛かり付けの内科医とケンカ:

« 御鍬祭が始まった | トップページ | COCO壱番屋カレーで5辛をクリヤーしたぞ~っ! »