« 65歳になると、兼六園は入場料金がただだった | トップページ | 飛騨牛なんて、一色のウナギなんて食べたことない »

2008年6月24日 (火)

「こうこ」をかじって歯が折れた

「こうこ」にかじり付いたら、「ガキ!」といやな異物をかんだ。

石が入っているのか?吐き出してみると、自分の歯ではないか。そういえば、先日から奥歯がしみるようになった。それが欠けたのである。「こうこ」ごときに歯が負けた。

「こうこ」が気になる。要するにタクアンである。今日は他人のブログをそのまま下記に記す。本格派の木村言語研究所のホームページを読んだってちょう。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktakuya/kokoko1.htm

歯の欠け方が悪く、とがった箇所があるため、舌に当たる。どうも「たちつてと」が言えない。明日から家族旅行だ。この欠けた歯で、懐かしい人たちに会いにいく。「たちつてと」が言えない状態で、会話が成り立つかしら。「た行」を外して会話しなければならない。

何とか懐かしい人に会えたが、「少し会わないうちに、あの人は言語障害が起きているようだ」という印象を持たせてしまったのではないかと、気に掛けている。

歯医者に行く前に、歯の接着に付いて調べたら、「スーパーポンド」という歯専門の接着剤があることを知った。これを医者との会話に混ぜてやれば、横着な診療をしないだろう。何とか診療を引き伸ばして、診察料を取りたがるからなァ。

診察の結果、欠けたところは虫歯治療された歯で、すでに詰め物がPhoto_2 してあり、中が空洞で接着不可能という宣告である。ということで事前に調べておいた「スーパーポンド」は役に立たなかった。結局いままでの詰め物を取り除き、歯冠をかぶせる治療となった。

とがった部分を取り除き、応急処置で詰め物をしてもらったら、「たちつてと」が言えるようになった。「こうこ」ごときに、えらく高く付いた。

|

« 65歳になると、兼六園は入場料金がただだった | トップページ | 飛騨牛なんて、一色のウナギなんて食べたことない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/41576679

この記事へのトラックバック一覧です: 「こうこ」をかじって歯が折れた:

« 65歳になると、兼六園は入場料金がただだった | トップページ | 飛騨牛なんて、一色のウナギなんて食べたことない »