« 今年は台風の当たり年になるかも | トップページ | 平成20年~21年3月までの走路員を募集始めた »

2008年9月11日 (木)

脊椎・頚椎の院外相談員としての活動録

こんな相談が舞い込んだ。困った~ッ!

実は私の手術執刀医(岐大・宮本敬医師)が、自分のブログに、私の「頚椎と脊椎の入院体験記」を掲載されたことに始まった。掲載が始まったのは、9月8日、それがこの3日間で60件、この先生のブログ経由でアクセスが入ってきた。おかげでこんな相談をされることになってしまった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神戸の腰痛持ちの方から。

「独りしゃべり」を慎重に読ませていただきました。
神戸市在、68歳。今年3月末に退職。2月に整形外科にて「腰部脊椎管狭窄症」と診断されました。3000歩、休まずに歩けるほどに回復していましたが。7月下旬自転車で転倒し20日間歩くことが出来ず、完治すると今度は体を二つ折りにしなければ歩けなくなっていました。今では杖をついています。

保存療法で改善が見られなければ手術しか有りませんが生来の臆病者でブロック注射でさえ怖くて未経験です。貴台の経験談を参考にする積もりですがやはり恐怖感が先に立ちます。

手術できっちり直してからあの世へいけばよいのか、先にあの世へ行けばよいのか迷っています。大変参考になりました、有難うございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が神戸の方に、こんな返事をした。

私はもともとウルトラマラソンをやっていた。ウルトラマラソンというのは50kmを越すマラソンで、名古屋から金沢270kmという距離を走っていた。(実は160kmが私の限界でした。いつも腰痛を起してリタイヤしていた)

こういうのが私の日常で、一日中ゴソゴソ動き回っている性格なんです。

腰が痛くなったら、絶対に復活してやる。いつか山を走ってやる、いつか100kmを走ってやるという信念が強く、手術に何のためらいもなかった。

ただ、病院を真剣に探した。いい病院といい医者を探していたら、私の友人が、脊椎の手術後1年で、100km走られたという情報をもらったので、すぐに岐阜大学(宮本敬医師)に飛び込んだ。

手術の技術的なことは私には分りません。だが、痛みのない世界を想像して御覧なさい。あなた(68)と私(66)は大して年も変わりない。

残された人生、なんともう半分以上使ってしまった。ならば、あと10~20年を動き回ってみたいと思いませんか?

今はCTとかMRIなどで体の中が丸見えですし、内視鏡を入れての手術ですので、なにも怖がることはない。寝ているうちに終わってしまう。

痛い痛いと言いながら、家で寝ているほうがよほどつらい。ゴロゴロしていると、筋肉がドンドンなえてしまう。2週間で退院です。退院した時に、こんならぐらいならもっと早くやればよかったと思うでしょう。

とにかくいい病院を探してください。

退院後も気を使いながら、動き回っています。健常者よりよほど私のほうが健康だ。世間の人がそれを見て、病院と先生の紹介を頼みに来る。前向きに生きましょう。

一応、私の手術執刀医に、こういう場合私はどう対応していいのか、相談をかけている。その返事が着しだいまたメールします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私から宮本医師へ

宮本医師に、アンタのせいでこんな相談を持ちかけられてまったがやァ、どうしてくれるという返事のメールが、これだわさァ。

いろいろとお疲れ様です
岐阜大学は全国から患者様が来られるので神戸は決して遠いわけではありません
ただし、ご返答についてはあなたにおまかせします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

医師より

たったこれだけだ。先生に逃げられた。いかが何でも神戸からでは遠すぎるがやァ。そうしたら追伸で、受診→通院→入院→退院→通院というプロセスを考えると神戸からの通院というのは非常にたいへんなので、医者サイドからあまり強くおすすめする、という訳にはいかないと思うのです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

院外勧誘員「独りしゃべり」の報復

この一週間2645件のアクセスがあり、その内「頚椎と脊椎」に459件きた。医師経由のアクセスが3日間で60件だぞ。しばらくこの先生のブログで振り回されそうだがやァ。

そうだッ!ひらめいたぞsign03

院外紹介者として、手術代の5%の紹介料を取るというのはどうか。この記事を手術執刀医も読んみえるから、「た・の・し・み」(ウフフッ)。一人頭5~10万円ぐらい取れそうだぞ。(ギャハハ~ッ。ワシ最近、飛騨牛もマグロも食べておらん。この謎が通じるかなァ)happy01

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神戸の方より

・・・昨日、「脊椎管狭窄症」に関するネットサーフィン中、貴台のブログに行き着き、大変勇気づけられ、再び『テニス、ゴルフをプレイする』と言う目標を掲げ、手術を視野に医師と相談しようと考えるに至っております。

ネット情報で「神戸医療センターに宮本先生」なる権威がいると知りました、行き付けの整形外科医に紹介してもらう積もりです。(オヤッ?ここでも宮本さんかい)

以上取り急ぎ、ご返信御礼を申し述べる次第です、有難うございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私より神戸の方へ

いい決断です。
がんばってください。
私も18年4月頃から、100m歩くのが大変でした。途中腰をかがめると痛みが取れる。その繰り返しで歩いていました。そこでマウンテンバイクで走り、足の筋力を維持してきた。スピードを上げるのでなく、ゆっくりでいいから、今も30~50km走り込んでいる。脊椎の靱帯を取ったので、転倒は禁物ですから。今も変わることなくマウンテンバイクで、「腸腰筋と大腰筋」を鍛えている。
手術後1年、徹底して歩きました。このごろやっと走る筋力が少しできた。もう一度走りたいからです。無理しないように無理しています。そうしないと、筋力はすぐに落ちてしまう。
長嶋監督が、一日トレーニングをしないと、2日遅れるという。これが気になってね。
早い快復を祈ります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
院外相談員「独りしゃべり」よりの報告 ×月〇日

|

« 今年は台風の当たり年になるかも | トップページ | 平成20年~21年3月までの走路員を募集始めた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/42425897

この記事へのトラックバック一覧です: 脊椎・頚椎の院外相談員としての活動録:

« 今年は台風の当たり年になるかも | トップページ | 平成20年~21年3月までの走路員を募集始めた »