« 背水の陣の関連語 | トップページ | 鯛のカブト煮と鯛汁ができたぞ~! »

2008年12月10日 (水)

公共医療機関から、民間大病院へ引き抜きが過激になった

この尾張で、今まで循環器では有名だった県立O病院が一気に評判が落ちた。それは民間の大病院の引き抜きがあったと聞く。

理由は報酬なんだろうか。公務員では報酬は少ないからなァ、そうなれば民間からの誘いに大挙して移動してしまう。

今までは自由に移動ができなかったようだ。聞いた話では、教授と医局長の采配で人事が決まるという。要するに人事の流れは、派閥が生きていて、〇〇大学系列という歴然とした組織が出来上がっていた。

ある病院と教授がもめるとする。そうすると教授から一斉にその病院から医師を引揚させる。教授とは絶対的な天皇なんである。ある医師が勝手に辞めて他へ転勤したとすると、教授の心証を害したならば、転勤先の病院には、その大学からは人材の派遣がなくなるという。(この辺話は、医師を子に持つ親からの聞きかじりである)

あそこは市民病院はM大系、この病院はG大系という系列だ。個人病院が患者を大病院へ紹介する時は、同じ大学系列へ紹介されていた。

いままでの評判で駆けつけたら、実はもう、その先生は転勤した後だった、なんてことが起きるから怖い。患者は、どこで病院の良し悪しを調べればいいのかね。ウワサを信じればいいのかな。

最近この尾張では、D病院が勢力を伸ばしているが、K病院が追着き追い越せという猛烈な勢いで追いかけていると聞いた。いま新たに病院を建築中である、このK病院の募集を見ると、800万~2000万の報酬を、ストレートに宣伝している。医師も実力があればどこえでも行けるが、一人でなくてまとまって一気に抜ける。

要するに手術は一人でやるのでなくて、連係プレーが必要で、補助する人も当然必要になるから、3人4人と抜けると、病院の存続に影響するから怖い。

患者を忘れないようにしてちょうだいよ。

|

« 背水の陣の関連語 | トップページ | 鯛のカブト煮と鯛汁ができたぞ~! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/43326338

この記事へのトラックバック一覧です: 公共医療機関から、民間大病院へ引き抜きが過激になった:

« 背水の陣の関連語 | トップページ | 鯛のカブト煮と鯛汁ができたぞ~! »