« 一宮の本町でまた一軒倒産した | トップページ | 人さし指と薬指の長さで、儲けが決まるって? »

2009年1月25日 (日)

ヒアルロン酸とコラーゲンは、飲んでも何の意味もない

これらは、飲めば単なるたんぱく質という。これを分かり易く書いたホームページがありますので納得いくまで読んで頂戴。

http://higashiooi-machio.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-de7c.html

関節痛で困った人に、直接関節にヒアルロン酸を注射すれば、効果絶大である。打った瞬間に痛みが治る。私が走り過ぎて、関節がギーコギーコを音がするぐらい、関節同士が擦れ合うほど痛みがくる時がある。その場合は知り合いの整形でヒアルロン酸を、関節の袋に直接注射してもらう。車屋がグリスアップするのと同じさァ。

あれほど痛かった関節が、ウソのように痛みが消える。仲間を紹介してやると、みんな驚いている。これは麻酔でないか。じきにダメになると違うか?と疑問を持つが、注射を打って初めて分かる。

整形もなかなかこの注射を打ちたがらない。儲けがすっ飛んでしまうからだ。

こういう関節とか、腰痛などに、整形外科というところは、治療を引き伸ば傾向がある。まず死ぬような病気でないので、ギリギリまで引っ張って、どうにもならん時は、大病院や大学病院などへ紹介を出す。

四十肩でもそうだ。1年ほど経つと、ほとんどが治るものを、治療と称して、温シップ、電気治療、マッサージで引き伸ばしをする。

こんな手口を繰り返す。こういうリハビリで、初期の場合は治る場合があるが、大方治療の引き延ばしが多い。

僕の場合も整形で長く掛かっていた。どうにもならない私を見て、友人がハリ治療がいいと言うからそこへも行った。でも一向に改善されずに、友人が手術後1年半で100km走ったと聞いたので、掛かっていた岐大の門をたたいた。

結局頚椎と脊椎の手術をして、全快した。もっと早くここに掛かっていれば、年齢からすれば、もう少し長い距離を楽しめたのにと思う。

手術後、私が元気に動き回っているので、知人や、知人の友人や、そのまた知人の母親からの問い合わせが来る。そこで今は、「いい医者を見つけなさい。痛みのない世界は本当に素晴らしいですよ」と言ってあげる。

痛みを知らない家族は、神経を触るような手術に、大半が反対する。一生車イスになるから止めろ止めろと。でも今の医学の進歩は相当に進んでいる。CT、MRI、レントゲン。どれをとっても10年前とは雲泥の差である。体の中が丸見えである。そして内視鏡を入れて手術するから、よほどひどい医者に掛からなければ、心配は要らない。手術事例の多い医者を探すことだ。

痛みから逃れたいという患者の気持ちを、これら薬屋は、もったいぶった宣伝で、あおっているのである。

ハゲでもそうだ。毛根が無くなったら、毛は生えないのである。そして産毛でも生えていれば、少しは濃くなるだろうが、治療をやめれば、またハゲる。

今の生き様に自信を持てば、ハゲていたって、どうってことないのに、とハゲていないワシは言う。でも薄くはなった66歳である。若い君には失礼だったかな。

薬屋の陰謀には引っ掛からないように。薬害があっても、議員バカ先生方も動かないからね。

|

« 一宮の本町でまた一軒倒産した | トップページ | 人さし指と薬指の長さで、儲けが決まるって? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/43758116

この記事へのトラックバック一覧です: ヒアルロン酸とコラーゲンは、飲んでも何の意味もない:

« 一宮の本町でまた一軒倒産した | トップページ | 人さし指と薬指の長さで、儲けが決まるって? »