« 「カド丸」食堂のオババ | トップページ | マラソン大会の距離測定 »

2009年6月 8日 (月)

頚椎ヘルニア、脊椎管狭窄症手術後2周年記念のウォーキング

このごろ午後3時というのに、気温は高いが湿度がなく、とても爽やかである。歩いていても気持ちがいい。7日の日曜日もそうだった。途中から少し走ってみたくなった。1kmごとに歩いたり走ったりして家に帰り、シャワーを浴びた。久しぶりにとてもいい気分になった。

最近走るという気が薄れてきていて、午前中マウンテンバイク30km前後走り、午後から昼寝後7km前後歩いている。だが走るという気がなかなか起きなかった。あまりにも空気が爽やかなので、つい走りかけた。走っていると、ドンドンと気分が高揚してくるのが分かる。

手術したのは頚椎ヘルニアが2007年5月、脊柱管狭窄症が2007年8月。ちょうど2年になる。そろそろ本格的に何か鈍足ランナーらしい独りイベントをしでかそうかなァ。

以前から思っていた、いつかきっと、「金華山往復歩け歩け40km」を敢行してやろう。そう思ったら、無性にワクワク感が体中に満ちてきた。5月30~31日に34km南知多を歩いてきた。このときから、自信が出てきたからだ。

一宮から、金華山の南の岩戸公園まで15km。往復30kmある。

金華山そのものは、標高328mで、頂上までの片道1,5km。これを平地を歩いたのと、標高328mを登ったときの時間から換算すると、片道5kmに値する。

だから、一宮から金華山往復で40kmになる。昔はウルトラマラソンの練習によく往復ジョギングを走ったものだ。今回は歩いて挑戦する。気候も丁度よく、ゆるゆる歩いてみるつもりだ。

金華山の地図を開いた。登りは岩戸公園から入る。帰りをどの道を通ろうか迷っている。なにかワクワクしている自分がそこにいる。昔はこの濃尾平野から見える山はほとんど走った。多度山から養老までの尾根は何度も走った。走る前に地図を開き、予定を立てる。この時からもうランニング登山が始まっている。いま当時の興奮を思い出した。

思い込んだら即、実行だ。明日ラジオ体操後そのまま金華山へスタートしよう。朝飯は、途中でなんとかなる。ワクワクしてきたぞォ。

|

« 「カド丸」食堂のオババ | トップページ | マラソン大会の距離測定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/45272145

この記事へのトラックバック一覧です: 頚椎ヘルニア、脊椎管狭窄症手術後2周年記念のウォーキング:

« 「カド丸」食堂のオババ | トップページ | マラソン大会の距離測定 »