« 第三回ブログアート菊花展 | トップページ | 年金が先延ばしになり、退職後も仕事探し »

2009年11月22日 (日)

病院で病気にならないように

昨日、血圧の薬をもらいに行ってきた。どうも風邪引きサンが多く、警戒警報発令である。帰ってきてすぐにうがいをして、手を洗った。

私の家は大きな病院のまん前にある。タンは吐かれるわ、注射した後の血のついたガーゼなどしょっちゅう捨ててあるから不衛生極まりない。今は病棟から管理棟に変更されたので、そういうことはなくなった。以前は、ここは透析の病棟であった。たくさんの方が長時間透析を受ける。

ここへ友人が胆石で入院した。親指の指紋ほどの大きな石が2個あるという。20日間入院して、いざ手術する段になったら、その石がないという。へっ?どこに消えた。原因不明のまま、20日間のうちに砕け散ったのか、、医者の見立て違いなのか不審を持ったまま退院した。

そのときに同室の方らは、大半が透析の方で、患者さんには申し訳ないが、顔色は決してよくはない。胆石がなければマラソンやっている健康体だ。だが、環境というのは恐ろしいもので、病弱の方らといると、自分まで弱ってくると嘆いた。

この病院は新しい病棟を建築した。術後観察室である、4床、5床の5部屋以外は全部個室または2床室で、患者同士顔を合わせなくていいような構造になっているという。もう一泊したいという、快適な医療環境を演出している。

確かに明るく、環境はよさそうである。こういうところなら、病院に入って病気にならずに済みそうである。だが見立て違いは困る。

いま知人が下呂で入院中である。脊椎の手術をして、快方に向かっている。いまリハビリ中で、一日の中でプールで、水中歩行やマッサージや歩行訓練や筋力トレーニングなどを行っているという。今度部屋換えした病棟は、脳梗塞などの重症患者が多いらしい。くれぐれも周りの環境に染まらないように、自分のリハビリをして欲しいと、エールを送った。

周りは山があり温泉もある。山はもう紅葉が始まっているだろう。ソロソロでいいから、外の空気を腹一杯吸って元気を取り戻して頂戴、と。

もうすぐ退院だね。痛みのない世界で会いましょう。

|

« 第三回ブログアート菊花展 | トップページ | 年金が先延ばしになり、退職後も仕事探し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/46733960

この記事へのトラックバック一覧です: 病院で病気にならないように:

« 第三回ブログアート菊花展 | トップページ | 年金が先延ばしになり、退職後も仕事探し »