« 限界集落はなにも山村だけではない、市内のど真ん中にある | トップページ | JR新春ウォーキングが通り抜けた、わが神社 »

2010年1月18日 (月)

個人の感想で、効果効能ではありません。

「個人の感想で、効果、効能ではありません」というテロップが、宣伝画面の端っこにたまに出てくる。

これが瞬間に出て消える。テレビのどの部分に出るか分からない。左上と思えば真ん中と、変化球を出してくる。まるでピンポンである。いやモグラ叩きである。

豊潤(膝)、ブルーベリー(目)、柑気桜(育毛剤)、やずやの香酢、ヒョットしてかつら産業、頭髪関係にもあるかも。頭髪関係では、3%の方には効果が見られませんといっているが、全員が3%でないかと疑っている。ネイチャーという科学雑誌に、毛が生えればノーベル賞もんだとはっきり書いている。もし効果があっても、薬を使っているうちだけだと明言している。

やりすぎるほど高額芸能人を使っている。ここまで来ると、反感したくなる。オイ、「釣りばか」の浜ちゃん、スーさんも出てくるの、いい感情を持っていたのに、くやし~っ!

テレビの画面のどこかに表示している。だがその表示がいつ出るか、出てもすぐに消える。画面の背景の中に入り込んで見にくいものがほとんどである。

あなたはいくつ見付けられますか?以前にも書いたブログから引用します。

ーーー条件付き特定保健用食品

2005年より制度化された。 特定保健用食品のうち、特定保健用食品の許可のレベルには届かないが一定の有効性が確認される食品(作用機序は明確だが有効性は少し低い・作用機序は不明だが有効性は認められる)について、限定的な科学的根拠である旨の表示をすることを条件として許可対象とされるもの。

表示内容の前に「根拠は必ずしも確立されていませんが」という但し書きが必須となるため、積極的に許可をとろうとする企業が少なく、製品化しているものは少ない。ーーー

要するに商品に自信が企業にないか、効果がないと分かっているからだろう。これを表示すると売れなくなるという不安があるのだろう。もっと規制をしっかりしなくては。

毒にもならんが薬にもならんというと、怒るだろうなァ。

|

« 限界集落はなにも山村だけではない、市内のど真ん中にある | トップページ | JR新春ウォーキングが通り抜けた、わが神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/47285182

この記事へのトラックバック一覧です: 個人の感想で、効果効能ではありません。:

« 限界集落はなにも山村だけではない、市内のど真ん中にある | トップページ | JR新春ウォーキングが通り抜けた、わが神社 »