« 限界集落の行事仕分け、成功する | トップページ | 妙興寺の「さざれ石」 »

2010年5月20日 (木)

耳の聞こえが悪い

昨日あたりから、どうも耳の聞こえが悪い。

以前こんなことがあった。耳かきをやり過ぎて、耳だれを起こし耳垢と一体して、それが鼓膜に張り付いて、聞こえを悪くしていた。

どうも今回もそれのようだ。今朝耳鼻科に電話したら、今日は予約できない日だという。なんと今日一日不自由な日になりそうである。

「耳の遠いは長命の相」ということわざがある。私は世間の言葉を気にしなくていいから、長生きできるかも。

もう一つ面白いことわざがある。「夜耳がかゆいと次の日いいことがある」と出てきた。さっそく宝くじを買ってこようっと。

ついでだから、耳に関する熟語を調べてみた。

  • 耳学(じがく)=耳学問。聞き覚えのある学問
  • 耳語(じご)=耳に口を寄せて話す。耳打ちをする。聞いたことない言葉だなァ。
  • 耳耳(じじ)=非常にさかんなさま。多いさま。ぬきんでるさま。ジジィなら知っているが。
  • 耳珠(じしゅ)=耳かざりの玉。イヤリングか。
  • 耳順(じじゅん)=聞いたことがすらすら理解できる。60歳のこと。
  • 耳食(じしょく)=他人の説を聞いて、そのまま信用すること。振り込めサギに遭うことがこれか。
  • 耳孫(じそん)=自分から八代目の孫。先祖のことを耳で聞くだけの子孫の意味。
  • 耳朶(じだ)=みみたぶ。
  • 耳堤面命(じていめんめい)=耳を引っ張り、面と向かって教えるさまで、懇切丁寧に教えること。でも荒っぽいなァ。PTAが怒り出しそうだがやァ。
  • 耳目(じもく)=耳と目。よく聞いたり見たりする。転じてよく調べる。人の手先になってスパイすること。

調べると意外に知らないことがあるもんだ。今日は耳から。耳目をしたことになる。

この私は、マウンテンバイクやウォーキングで耳耳している。でも聞こえが悪いと、事故に遭うといけないので、早々に耳鼻科にいってこようっと。

そうそう、宝くじも忘れずに。買っても当たらないが買わなきゃ絶対に当たらない。

|

« 限界集落の行事仕分け、成功する | トップページ | 妙興寺の「さざれ石」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/48406192

この記事へのトラックバック一覧です: 耳の聞こえが悪い:

« 限界集落の行事仕分け、成功する | トップページ | 妙興寺の「さざれ石」 »