« 日本の高感度世界一を、中国人の立場から評価 | トップページ | 内服薬の投薬はどのくらいの日数出るのか »

2010年5月12日 (水)

クエン酸健康法より効果的に

先回、クエン酸健康法でこんなことを書いた。

ーーークエン酸の粉末を、ペットポトル1.5リットルの容器に、味を見ながら検討すると、小さじ5杯がちょうどいい味加減と分かった。水を注入を開始する。味はレモン味のような梅干のような感じで、クエン酸の結晶体は、「化学式C6H8O7」で、サラサラの白い粉末である。ーーー

昨日のことである、何かものすごい胸ヤケがする。どうの変だなァ。みぞおち辺りが焼け付くようだ。

今日までクエン酸健康法をとっていた。これは酸だが、体内の入るとアルカリに変わると008 聞いた。でも入ってすぐのミゾオチではまださ酸性度が強いのだろうか。少し水を飲んでみると落ち着く。

いままでペットポトル1.5リッターに小さじ5杯入れていたのを、2杯にして飲用を配し始めた。そうしたら落ち着き始めた。やはり濃度が濃すぎたのだろうか。あれからまた1杯に落としたら自分には一番いい分量であることを知った。

その後色々調べてみたが、胸ヤケにはこのクエン酸がいいと書いてあるではないか。どういうこっちゃ!この効能をこんなホ-ムページを見つけた。http://health.goo.ne.jp/column/woman/kotoba/0005.html

http://www.quensan.com/tukaikata/

飲用を初めてそろそろ1週間。体調の変化は特にない。血圧も翌日の気圧が下がるときは、前日にはもう高くなる。血圧と気圧の関係は馬鹿にならない。いまだクエン酸で安定した血圧には至っていない。

だが痛風だけは完璧に回復した。最近腹が減るようになった。これは胃液の分泌が盛んになったことだろうか。それとなんとなくだよ、沸々と活力が湧き上がる前兆のような感じがする。(確かではないが)

これは即効性のある薬ではない。だから健康法として、長時間飲用して調査しないと、どうも分からん。

調査結果はいずれ公開するからね。クエン酸の飲用により糖尿病、高血圧、動脈硬化、肝臓病、胃腸病、腎臓病、痛風、神経痛などが治るとあるから期待したい。まるでいまの健康飲料のようで、「これは個人の感想で、効果効能ではありません」と、小さく片隅に早く消えて、画面の背景に同化するような色をつけてやらねばイカンだろうな。

これの一番いいことは、弊害が無いということだ。

|

« 日本の高感度世界一を、中国人の立場から評価 | トップページ | 内服薬の投薬はどのくらいの日数出るのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/48321510

この記事へのトラックバック一覧です: クエン酸健康法より効果的に:

« 日本の高感度世界一を、中国人の立場から評価 | トップページ | 内服薬の投薬はどのくらいの日数出るのか »