« 頚椎と脊椎の院外相談員に、うれしい便り | トップページ | サンドイッチの語源 »

2010年7月 5日 (月)

血圧が4~5日に上がる

もともと145-85ぐらいがわたしの血圧の平均だ。これで血管がこの血圧で保たれているから、無理に下げる必要は無いと思っている。

一応高血圧の薬はもらっているが、一度飲むと5日ほど平常値なるから、60日分もらってからこの分でいくと、300日ほどこの薬で行ける。

私の友人の薬剤師は、190でマラソンをやっている。これでいいと堂々としている。

最近不思議の思うのが、動物のキリンである。これなんぞ、どうしてあんなに高いところまで血液を送れるのだろう。相当の血圧で送らないと上まで上がらないはずだ。

『ガラガラヘビの体温計』渡辺正隆著という本が書棚のかなにある。これによると、

ーーーキリンはなぜあんなに高いところに血液を送れるのか

キリンの血圧を測った学者がいた。最高値が300、平均値が上が260、下が160であったという。キリンは弾力性のある血管にそれだけ高い血圧をかけることで血液を脳に送り込んでいるという説がある。

血液循環説のもう一つある。脳に送られた血液は、高い血圧でなく、サイホンの原理で自動的に循環しているのではないかというのだ。血液が脳に上がる際の重力の影響は、血液が脳から心臓に下がるときの重力によって相殺される。ーーー

わが体型は、168cmで65kgで平均的な日本人。血液を高圧で送るほど背は高くない。血の巡りはそんなによくはない。

すこし前までこの血圧でウルトラマラソンをやっていた。だが4年前に、頚椎と脊椎を痛めて走れなくなってから、血圧が上がり始めた。160~180まで上がることがあった。

しかし手術後運動を再開したら、次第に下がり始めた。キリンのように高くならんでよかったが。でもサイホンの原理で自動的に循環しているならば、あまり心配ないが。

|

« 頚椎と脊椎の院外相談員に、うれしい便り | トップページ | サンドイッチの語源 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/48801609

この記事へのトラックバック一覧です: 血圧が4~5日に上がる:

« 頚椎と脊椎の院外相談員に、うれしい便り | トップページ | サンドイッチの語源 »