« お宝鑑定団の内幕 | トップページ | 白黒なカラスがいた »

2011年8月25日 (木)

スポーツ界では二二が四という言葉がある

スポーツ医学でいう「二二が四、三三が九」とは、スポーツ選手が練習を二日休むと、もとの体に戻すのに四日かかることを例えているものです。同じく三日休むと九日間の練習をしないともとへは戻りません。

長島巨人監督が脳梗塞で倒れたとき、リハビリ励んでおられたといき、二日リハビリを休むと体を元に戻すのに4日話を聴いた。三三が九というのは、三日休むと、九日掛かる。

私は頚椎と脊椎の手術をしている。特に脊椎狭窄症は骨を4本削りじん帯を取った。腰を強化するために、マウンテンバイクを毎日30~40km乗りこなしている。

欠かすわけにはいかない。

ところが、最近手がしびれるようになった。これはバイクによる症状なのかどうなのか、毛が震える、足が抜けるよな感じでがでてきたので、来月から検査で市民病院にかかることにした。

|

« お宝鑑定団の内幕 | トップページ | 白黒なカラスがいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/52528983

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ界では二二が四という言葉がある:

« お宝鑑定団の内幕 | トップページ | 白黒なカラスがいた »