« 十二指腸潰瘍手術退院後の後遺症  | トップページ | 手乗りインコの脱走 »

2012年2月 8日 (水)

神社に勝手に木を植えていくのがいる

やれやれ、やっと正月が終わり、ホッとしていたら角松がまだ出ているという。(1月6日現在)

さっそく氏子委員を集めて片付けをする。

境内を色々点検していたら、なんとナンテンの木が二か所に、無断で植えてあるではないか。抜いてみると、どう見ても最近植えたもので、掘り返した土が柔らかい。しかも根のところに麻の袋に根っこを囲うようにしてある。どう見てもまだ最近植えたようである。

これはいろいろ仲間と検討すると、どうも門松に飾りとして付いている、松竹梅ともう一つ、ナンテン(難転=難点)と判明した。ここはそんなに大きな神社ではない。ただでさえ桜や松が大きくなりすぎて、枝打ちに難儀をしている。枝打ちは植木屋もするが、伐採を嫌がる。縁起物というんだろうか、枯れるような剪定を嫌がる。上部が電線に架かるから、切り落とせというと嫌がる。

私のような宗教心がない者にとっては、ただの植木だ。枯れても仕方がないとは、職業柄ではなく、境内の木ということで嫌がる。困ったものだ。

それでなくても、町内は高齢化して、神社や町内のイベントにも、参加することが難儀になってきた人が増えてきた。この境内の掃除もままならなくなってきているのに、また木を植えるということは、掃除が減るどころではない。増える一方である。桜の落花、落葉、入梅シーズンの草など、その掃除もシルバー事業や植木屋に依頼することが多くなってきている。

植えた人は、おそらく始末に困って植えたんであろうが、管理している身にもなってほしい。それでなくても、掃除がエライとかという文句は氏子委員に言ってくる。文句は言うが、手を出さないタイプの高齢者が増えて、町の役員でも氏子委員でも頭を抱えている。

1月6日ごろの話をなぜ今頃と言われるが、その直後私が入院していたからです。入院中の体験記も整理してブログに掲載してやっと暇になったら、ネタが無くなっていたのッ。(これ真実なのォ。ゴメン)

|

« 十二指腸潰瘍手術退院後の後遺症  | トップページ | 手乗りインコの脱走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/53683449

この記事へのトラックバック一覧です: 神社に勝手に木を植えていくのがいる:

« 十二指腸潰瘍手術退院後の後遺症  | トップページ | 手乗りインコの脱走 »