« 第四回ブログアート展 バラの部 | トップページ | 妙興寺の老師と、仏殿の日溜りで »

2012年5月29日 (火)

節酒と草餅

春からどんどん遠ざかっているから、ヨモギが無くなる頃になる。そうすれば草餅が無くなるのではないかと気になる。今は乾燥させて年中あるか、コンビニなんかは練り込んである草餅色の饅頭に化けていると思う。草餅色の草餅はヨモギの香りがしない。

十二指腸潰瘍をやってから酒からどんどん遠ざかっている。禁酒しているかという、そうでもない。ボチボチ飲んでいるが、前よりは飲まなくなった。嫌いな方ではない。どちらかというと好きな方である。

でも飲まなくなってきている。実は面白い方法で酒量を減らしている。私は尿酸値が少し高めになってきた。2月15日の採血では、尿酸値(UA)の標準値3,6~7,0より……ちょっと待って、パソコンでいま調べたら、標準値が3,0~7,2とずいぶん幅が広い。どうも最近疑い深く、調べ直すクセが付いた。小冊子を10年近く書いていたから、ずいぶん原稿を校正していただき、推敲とか校正の癖がついたことはいいことだが、疑い深くなった。私の数値は7,4だから、やっぱり少し高い。

ここで肝臓の数値をしつこく調べると、γーGTP・10~47であるが、パソコンで調べると、10~50が標準で、注意が50~100である。私の数値は82である。少し高い。でも恥ずかしい話だが、昨年に11月の検査では、715あった。お陰様で潰瘍となり禁酒を余儀なくされ、今日に至る。今月の31日に検査がある。おそらく標準値に入っていると思う。ところが一方でもう基準値に入っているよという数値が存在すると、どうしても甘い方へ気が緩む。

最近痛風が出そうな時がある。出そうな時とは、足の指先や足の甲あたりが微妙にチクチクとする。これは痛風が出る前兆である。この対策に私はクエン酸水を作り(作り方:2ℓのペットポトルに小さじ一杯のクエン酸を水で薄める。クエン酸の結晶は500g約1000円で売っています)、一日2ℓこれを飲む。少し酸っぱい。梅干しの結晶だから酸っぱい。あまりクエン酸の量を多くすると、胃に負担を感じるから小さじ一杯(てんこ盛りではないよ)を水で薄める。

最近これに、焼酎割をつくり飲む。ところが結構味が酸っぱいので焼酎が入っていなくても、入っているとあまり変わらない。ここに目を付けて、焼酎のクエン酸割と思い込んで飲んでいても違和感が無くなった。この効果は絶大だと思う。現にもう10日間以上一滴の酒も飲んいない。

ところが副作用が出てきた。なぜか左党(酒好き)から右党(甘党)に変わりつつある。運Photo 動中、給水に寄るコンビニで大福とか草餅が気になりだし、これに「今日一日の野菜はこれ一本」野菜ジュースで、草餅と小休止。これが日課になってしまった。

昨日、近くのスーパーが再建築のため、1年半休業する。その閉店セールがある。ここでパンを買おうと思ったら草餅が集団で私をにらんでいる。イカン、この店先でジッと草餅を見つめていると、店員が「ふ饅頭が今日は美味しいよ」と誘うが、「私は草餅が気になる」というと、周りを見て、5個500円のパックにもう一個無理やり入れて、「500円」と笑うのでつい手を出して買い込んだ。「旦那さん、いい人だねェ」と笑う声を後にした。

31日の検査で尿酸値より血糖値を気にしなくてはいけないのかなァ。血糖値は基準が70~109で、私は82だからしばらくは草餅が食べられそう。一宮市内で「あんこや」と「本町通りにある「鬼饅頭の店(店の名前を知らない)」が草餅がおいしいらしいという情報を得た。まず昨日買った6個を片付けたらこの店に、買いに行ってこよっと。

|

« 第四回ブログアート展 バラの部 | トップページ | 妙興寺の老師と、仏殿の日溜りで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/54822277

この記事へのトラックバック一覧です: 節酒と草餅:

« 第四回ブログアート展 バラの部 | トップページ | 妙興寺の老師と、仏殿の日溜りで »