« 人体遺跡の年代別区分 | トップページ | 一宮でホタルが見られる »

2012年6月 7日 (木)

十二指腸潰瘍定期検査の5カ月目の結果 

5月31日、十二指腸潰瘍をやって5カ月になる。その定期検査をやった。血液検査と内視鏡、尿素呼気試験をした。その結果を聞きに行った。

今日は採血も何もないから、先生の話を聞くだけだ。時間通り意外と早く呼び出しを受けた。まず呼気検査の結果は、セーフであった。ピロリ菌は基準以内で、今回の十二指腸潰瘍の原因ではなかったし、これからも、「潰瘍→ガン」という経過は、現在はなさそうだ。

  • 尿素呼気試験の結果は、基準値の2.5%以内の1.5%であった。
  • ヘリコバクター・ピロリーIgGは、基準値10.0未満の3.2であった。

まずは安心だが、もう一つ、血液検査の結果は、

  • γーGTPが今少し改善しなかった。基準値10~47のところ、先回の81→95に上がってしまった。ずいぶん頑張ったのに、残念な気がする。一度でいいから基準内にしたい。
  • 尿酸値は基準の3.6~7.0より7.5と尿酸値が悪い。クエン酸どうした?頑張って飲んでいるのに。

医師が「飲んでいますか」というから、「飲んでいます」と答えたが、以前からするとずいぶん飲まなくなった。でも禁酒はしていないと話した。医師は「禁酒するといっていませんでしたか」というから、禁酒とは言いませんでしたことを話した。ここの病院では禁酒させますという。話をいろいろしていると、先生は一滴も飲まないというから、こういう方とは話がしたくないなァ、と笑った。

次回は、肝臓のスキャナーを撮るという。仕方がないので、とことん付き合うか。医者にでなくて、自分の肝臓にである。

とりあえず、しばらくは解放された。帰り際に先生に、「これから乾杯をしてきます」と笑ってドアーを閉めた。本当はもう来たくはないのだが、ある程度規制しておかないと、暴走こそしないが、安心してしまう可能性があるからな。我慢我慢である。

先生は懲りないやつだと、苦笑いしているだろうなァ。Photo_2

そうそう忘れていた、内視鏡の検査のフイルムを見せてもらった。十二指腸はおろか胃も 綺麗なものでした。安心した。

これから歯医者にかかってこないといかん。一本欠けているので、見っとも無い。ただでさえモテないのに。最近女性の声をかけられるのは、老齢の域に達したので、安心と安全を感じさせるのだろうか。そうだとしたら、少し寂しい。

|

« 人体遺跡の年代別区分 | トップページ | 一宮でホタルが見られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/54895562

この記事へのトラックバック一覧です: 十二指腸潰瘍定期検査の5カ月目の結果 :

« 人体遺跡の年代別区分 | トップページ | 一宮でホタルが見られる »