« 久しぶりに小牧山とベトコンラーメン | トップページ | 素晴らしい仲間達(マラソンランナー)が、この地球を走っている »

2012年9月 8日 (土)

歩くことが基本で、飲むことも忘れない

カカトが薄っぺらになった。どういうことかというと、ペッタンコの靴で走ると、踵に衝撃が来るでしょう。これなんですよ。床を裸足で歩いていると、踵の中の骨に衝撃が来る。そんな感じがする。

これから旅行が多くなる。無名会RC(本来は無名会ランニングクラブである)は旅行クラブのRCとなった。11月には修善寺伊豆の旅へ行くことになった。クラブ員に迷惑をかけないためにも、歩いておかないといかん。そこでマウンテンバイクを引いて歩くことにした。景色のいいところでマウンテンバイクを引いて歩くのもいいではないか。川筋や田んぼの真ん中を歩くのもいい。

最近マウンテンバイクで短時間に遠くまで行けるという便利さに、つい甘えて楽な方へと進んでしまってた自分が情けない。もう一度走り回っていたころを思い出そう。身体の基本は歩くことだということを忘れかけていた。

夕方、食事後ノルディックポールを持ち出して、市内を徘徊することにした。ゆっくり歩く筋肉を付けることから始めよう。でも普通の人よりは筋肉は付いているから誤解しないでください。こう見えても、というが、どう見えるか知らないが、一応さくら道270kmマラソンに3回参加した経験がある。参加ですよ。完走はとうとうできなんだ。最長距離は169kmまで走った。この思い出からする私自身の筋肉の落ちを言っているんです。

一宮から金華山頂上まで往復40kmがトレーニング場だったころを思い出して、ノルディックポールを持ち出した。こう歩いていると、マウンテンバイクの汗のかき方と歩くときの汗のかき方とは全く違うし、よく寝られる。

一つ言うならば、副産物が出現してきた。近所の大江川界隈を歩いていたがダンダンと暗くなり、明るい方へ移動し始めて人生を狂わせ掛けた。

一宮駅前まで来て驚いた。こんなに飲み屋さんが多かったのかと、夜を徘徊したことがない私は驚いた。小さな店がたくさんある。この内一軒が気になっていたので、迷わず焼き鳥屋に入った。いい汗をかいたという気持ちと好奇心が先立ち、足が勝手に店に向かわせた。

鳥皮を3本と生中を頼んだ。ところが焼き鳥がなかなか出てこない。ビールが残り少なくなったら、やっと出てきた。またそれを見て驚いた。ユニーの鳥屋は90円でるが、その半分の大きさで、串に綿棒のように鳥皮が巻き付いていた。しかも値段は110円である。いくらの勘定になる?串一本270円ぐらいにつく??(算数がダメなんだわァ)

しごくともう串に何も残らないほどであった。こういう飲み屋は、時間をかけて料理をして飲み代を稼ぐんではないだろうかと、疑いを持った。

飲み放題の店の経営戦略は、初めからドンドン飲ませるボチボチ料理を出す。そして終わりがけに料理をドサッとだすと、客は、ヘベレケになるほど飲んで、料理は余ってしまったので、「どえりゃーやっすューでイカンはァ(ものすごく安い……尾張弁)」という戦略に引っかかる。

できることならば、出来た枝豆か、漬物ぐらいでチャッチャと帰ることだ。手間のかかる物を頼まなければいい。

家内のこの話をすると、開口一番「何で一人で行くの!」と叱られた。今夜出直しすることになった。

|

« 久しぶりに小牧山とベトコンラーメン | トップページ | 素晴らしい仲間達(マラソンランナー)が、この地球を走っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/55605376

この記事へのトラックバック一覧です: 歩くことが基本で、飲むことも忘れない:

« 久しぶりに小牧山とベトコンラーメン | トップページ | 素晴らしい仲間達(マラソンランナー)が、この地球を走っている »