« 聖徳太子と日本武尊は実在しない? | トップページ | オイシックスからホタテの冷凍を買った »

2013年5月31日 (金)

くも膜下出血を起こさないために、血液サラサラに

団体旅行をしているときに、以前クモ膜下出血した友人が、発作を起こした。車内放送で医師を探したら看護婦が来て下さった。原因は水分の補給を怠ったためだった。これからそんな年代になる。そこで調べてみたら確かに出てきた。 http://www.tanakakaikei.com/zatsugaku/16.12gatubunn.htm 『水健康法!』である。

――毎日、定期的に適量の水を摂る生活は、血液をドロドロにしないためには欠かせない。さらに意識して水を摂らなければならないときがある。こういう場合は、ともかくコップ一杯の水を飲むこと。

・高熱発症 ・起床直後(脳梗塞の予防) ・ストレス ・飲酒前後 
・入浴前後 ・タバコ ・長い飛行機旅(エコノミークラス症候群の予防)

●毎日2リットル以上の水を飲む習慣を。飲まないと血液が濃くなってしまう。
腎臓が特に悪くなければ、できるだけ多くの水を飲む方が良いようです。タイミング的には空腹時。1回にコップ半分を30分に1回が理想。温度は体温の半分の18度程度。

●イライラを解消する水は、血圧上昇によるクモ膜下出血の予防にも!
水分を摂ると即座に脳へ働きかけて利尿を促し、新陳代謝が活発になる。その結果、体内に溜まった老廃物や疲労物質が素早く排出され予防につながる。現在では中高年だけでなくストレスの多い若い人にも、くも膜下出血の危険が!

●夜寝る前に500ccの水を飲む!40代以上の太った男性に効果的。
「布団に入る前に飲む水は命を守る宝の水」。統計的に見て、朝方から午前中にかけて脳梗塞や心筋梗塞の発作を起こす例が非常に多いという。
水の飲み方は、30,40代の人なら500cc程度を常温で就寝30分くらい前に、またお年寄りや女性の方など大量に飲むのが辛い場合はコップ1杯程度でOK!

●発汗が活発になるお風呂に入る前に水一杯

●汗かきはガブガブ、冷え症はチビチビ――

などである。これには反対意見もあるが、電車の中での看護婦の話と、倒れた友人も水を飲まなかったという事実から、私は信じたい。私が実行しているのは、クエン酸の焼酎割。少し飲み過ぎるが。気にして頻繁に水分を補給したら、頻尿になってしまった。

クエン酸水は血液をサラサラにします。実は一度痛風になったのでその対策で飲み始めたら、あれから痛風は起きていない。血液サラサラは副産物であった。http://kb.noob.jp/blood/

日本酒やビールはほとんど飲まない、焼酎は好きだがまさか血液をサラサラにしていたとは。http://www.ak-inc.com/antiaging/health/051125.html

|

« 聖徳太子と日本武尊は実在しない? | トップページ | オイシックスからホタテの冷凍を買った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/57481253

この記事へのトラックバック一覧です: くも膜下出血を起こさないために、血液サラサラに:

» くも膜下出血 最新情報 - 知識陣 (健康 医療) [知識陣 健康]
くも膜下出血 に関する最新情報 [続きを読む]

受信: 2013年6月 7日 (金) 05時49分

« 聖徳太子と日本武尊は実在しない? | トップページ | オイシックスからホタテの冷凍を買った »