« 共感を持つ、薬は飲むなの話し | トップページ | なぜか屁がよく出る »

2013年9月 7日 (土)

サナダムシを飼いませんか

『夢うつつの図鑑』(志田直哉著)によると、

ワトソンという探検家が旅に出る時は、サナダムシの卵を飲み、体に一匹飼って出かけて

いく。サナダムシは世の中で最も強い虫で、体内に入ってきたどんな毒でも消化吸収して

しま。どんな辺境でどんなやばいもの食っても平気なのだ、というのである。文明圏に帰

ってきたら特別の駆除剤を飲んで体外へ出すという。

本当のそんなこと出来るんだろうか。ところが日本の藤田紘一郎氏、自称回虫博士も同じ

ことを言っている。

本来棲むべきまっとうな宿主の体内にいれば、その宿主に致命傷を与えるようなことは滅

にしない。なにしろ宿主が死んでしまっては、寄生虫自体が成り立たない。そこで「ひっ

り」という寄生虫主義が登場する。サナダムシは人に悪さしません。

ワシは花粉症にもならないから、腹の虫がいるかもしれん。昔は町中を流れる川で泳いで

た。今よりずいぶん綺麗だった。でもそれで抵抗力が付いたんだと思っている。

日本ではアトピーとかという≪対環境過敏症≫というか、アレルギーでいろんな物質に拒

反応を起こす人が多くなった。インドネシアの川では、上流でウンコをして下流で茶碗を

い、その下で子供が泳いでいる。そこにいる子供の肌がとても綺麗だという。免疫力あ

だろうなァ。

あまり綺麗過ぎる環境を作りすぎていませんか。これが抗菌剤なんです。何でもかんでも

抗菌剤があればという「抗菌剤神さま」を崇める宗教のようなあなた、そんな環境で子供を

育てて御覧、苦労するのは子供だぞ。

生まれて間もない乳幼児を検査したら、アレルギー反応があるからと、治療をするという。

バカな、これからこの子が抵抗力をつけるのに、何で医者が止めずに治療を始めるか?

こんな乳幼児を泥遊びさせたらいい。公園は汚い、だから無菌状態のところで育てる。そ

の子はどんな菌にも反応してしまう。要するに抵抗力がないからだ。抵抗力をつけるには

菌のいるところにいて初めて抵抗出来る体をつくる。

藤田回虫博士はサナダムシをわざわざ卵を飲んで、その反応を調べておられる。私が小

学校の頃(60年も前)、虫下しを学校から渡された。飲んだら回虫が出てきた。そんな時代

に生きてきた私は、今のところアレルギーは何もない。

但し購入方法は知りません。インターネットで販売しているらしいが、こういう業者は

100%悪質業者だと断定しています。藤田回虫博士にお聞きになったらいかがですか。

|

« 共感を持つ、薬は飲むなの話し | トップページ | なぜか屁がよく出る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/58073812

この記事へのトラックバック一覧です: サナダムシを飼いませんか:

« 共感を持つ、薬は飲むなの話し | トップページ | なぜか屁がよく出る »