« ぼんさんぼんさん どこ行くの ♪ | トップページ | 太陽に着陸したって? »

2014年3月14日 (金)

坐骨神経痛対策ただいま実験中

最近歩くのが腰痛を起こしてできなくなったせいか、尻の筋肉というより、歩く筋肉そのものが弱ってきた。

そこで今月から始めたのがスクワットだ。歩きながら各筋肉の動きを手で触って調べた。歩く筋肉と同じ運動を探した。どうみてもスクワットが一番近い動きである。それと階段登りである。要するに歩かなくても歩く筋肉をつけてやろうという、コスイことを考えた。

まずスクワットをしながら自分で臀部を触ってみると、一番力が入る姿勢を探すことにした。そうしたら、少し前屈みの方が、腹筋や背筋にも力が入ることを知った。スクワットでも完全にしゃがみ込むのでなく、わずかに膝を曲げる程度でいい。100回するのにわずか2分で済む。これを一日に3~5回繰り返す。

それともう一つ、私は左足でつま先立ちが出来ない。両脚でやるとどうしてもに右足に偏ってしまう。しかも歩くときに、左足で蹴ることはできないので、左足を引きずってしまう。以前ウルトラマラソンで160km走っていた時はそんなことはなかった。おそらく頚椎を手術した時に、7本ある内4番5番の頚椎が神経を圧迫しているので4本削り、左足のひ骨を切り取り頚椎へ移植して、チタンの板とボルトで固定した。このひ骨を切り取った後にセラミックを入れた。どうもこの後遺症と思う。これほどの手術をすれば、少しぐらいはリスクは付き物だ。気にせずリハビリしている。

ところが最近なって坐骨神経痛が出てきたら、歩くことが億劫になってしまった。歩くことからマウンテンバイクに切り替えたら、歩く筋肉が落ちてしまった。だから余計に歩くときにビッコをするようになった。そこで始めたのが、テーブルに手をついてつま先立ちを繰り返すことだ。

とにかくジッとしていない性格は、頚椎と脊椎を手術しても治らない。でも歩きたい、この願望は捨て切れない。この年になると旅行の誘いが多い。今年は家族で沖縄に3泊4日の旅行を計画中なので、なんとか旅先で苦労しないようにして楽しみたい。

スクワットを始めてから、最近、朝起きる時に、タンスに手をつかなければ立てないほど痛かった腰痛が、少し緩和してきた。これは効果ありだなァ。いま気をよくして励んでいる。

少し話が違うが、スクワットを英和辞典で調べると、面白いことを発見した。

  1. しゃがむ。うずくまる。あぐらをかく。動物が地に伏す、身をひそめる、すわる。男がクソをする。女が小便・くそをする、しゃがむ。船がスピードを出したとき、船尾が沈下する。
  2. 他人の土地に無断で居住する。

しゃがんでクソや小便をする行為だとォ。でも私のスクワットはそこまで沈まない。やや膝を曲げた小便小僧程度で十分だ。これを指導してくれたのは、元国体の重量挙げに出場した友人だ。森光子が83歳になっても、一日150回スクワットして、舞台に備えていたという。

もう一つ、足は第二の心臓である。動かすたびに血流を良くしているから、心臓病にはならないという。Photo

実は岐大の担当医に、坐骨神経痛のリハビリで何かいい方法はないかと聞くと、我が大学病院で、頚椎と 脊椎の大手術した患者さんの中で、あなたが一番動き回っている。だからあなたが先達のような存在なんです、と言われた。要するにモルモットである。痛くなる人には二通りある。それは動かない人と動きまわってる人だと言われた。アハッ!ワシのことか。

今は局部麻酔や痛み止めの薬も止めた。薬に頼るのはやめて、懸命に坐骨神経痛と闘っている。とにかく歩きたいのだ。

|

« ぼんさんぼんさん どこ行くの ♪ | トップページ | 太陽に着陸したって? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/59255768

この記事へのトラックバック一覧です: 坐骨神経痛対策ただいま実験中:

« ぼんさんぼんさん どこ行くの ♪ | トップページ | 太陽に着陸したって? »