« ウンコの話し | トップページ | 蚤の夫婦 »

2014年10月16日 (木)

家内から離れない手乗りインコ

家内が18日間、目の手術で入院していた。我が家の手乗りインコ生後5か月は、家内からいつも離れない。育てたのは私なのに、と、チッヨトひがむ。

入院中は家内がいないので、私から離れなかった。毎朝、入院中の家内に欲しいものがあるかという連絡をしてから見舞う。携帯で電話するとき、受話器から流れる家内の声に反応して聞き耳を立てる。今でも携帯を持つと受話器に飛びついてくる習慣が出来て様だ。これをうまく利用すると、何かのトレーニングができるかも。

退院して帰ってきたとき、真っ直ぐ家内に飛びついて行った。それからが面白くて、家内の肩に止まってじっと顔をながめている。何度も何度も確かめるように、愛しそうに眺めている姿がよけいかわいらしい。

もう我が家は二人住まいになり、一人息子は埼玉に住んでいる。もう一宮には帰ってくることはないだろう。でも入院中の母親を2泊3日で見舞いに来てくれた。久々の息子に会うのだが、おじることなく飛びついて行った。

今日も洗濯を干しに庭に出ようとしたら、なんと家内の肩の止まっているので慌てて戻った。とにかく離れようとしない。

Photo712Photo_2

左より:窓越しにスズメと網戸の外のスズメとラブコール・パソコンのケーブルよじ登る・今玉乗りの稽古中・カーテンをよじ登る。とに。かくじっとしていない。

いまは言葉や歌を教えたりしている。






|

« ウンコの話し | トップページ | 蚤の夫婦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/60476093

この記事へのトラックバック一覧です: 家内から離れない手乗りインコ:

« ウンコの話し | トップページ | 蚤の夫婦 »