« 18日間独身で飢える寸前だった | トップページ | 濡れ衣 »

2014年10月12日 (日)

台風の横断と縦断

平成26年はこの十月のは18号19号と、毎週連続してやってきた。

横断と縦断とタイトルを付けたが、それは某ラジオ局のパーソナリティーが放送の中で、「19号が日本列島を横断しそうだ」と放送された。どう見ても今の予想されるコースを見ると、沖縄から九州、そのまま日本列島を串刺しにしていきそうなコースをしている。これは横断でなく、縦断と表現すべきだ。

そこで手元の電子辞書で調べると、
横断は、
 ○横または東西の方向に断ち切ること。
縦断は、
 ○立てまたは南北の方向に断ち切ること。

ここで初めてしたのが、東西が横で、南北が縦という事だった。しつこい私は、天下の『広辞苑』を持ち出した。

 ○全く電子辞書と同じだった。

ならばパソコンで検索すると、

 ○【縦断】:
1 縦の方向に断ち切ること。
2 縦または南北の方向に通り抜けること。「大陸を―する」「―飛行」。

 ○【横断】:
1 横に断ち切ること。
2 横切ること。「道路を―する」
3 大陸や大洋を東西の方向に通り過ぎていくこと。「アメリカ大陸を―する」。

ここで横の場合、横切るという表現が出てきた。

気象庁予報用語ではどう言っているか。
 ○基本的には電子辞書や広辞苑と同じだが、備考欄でこう付け加えている。

 日本列島は弓なりに彎曲しており、地域によっては違和感を生ずる場合がある。横断、縦 断を用いる場合は、利用者が混乱しないように留意し、必要に応じて台風の上陸地点、地域、方向などを具体的に示す。

なるほど気象庁らしく方向を出してきた。
 
 

パーソナリティーの19号台風の予想されるコースは、いまのところ横断でなく、縦断する気配である。

|

« 18日間独身で飢える寸前だった | トップページ | 濡れ衣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/60464014

この記事へのトラックバック一覧です: 台風の横断と縦断:

« 18日間独身で飢える寸前だった | トップページ | 濡れ衣 »