« 太陽光乾電池充電発光器 | トップページ | 初めてのお使い »

2014年12月 6日 (土)

老舗は「ろうほ」か「しにせ」か?

本を読んでいて、「老舗」」という言葉が出てきた。こういう言葉が出ると気になってしかたがない。せっそく手元に置いてある電子辞書を開いた。

ソニーの電子辞書
ろうほ【老舗】代々続いた店。しにせ。……しにせネェ。では、
しにせ【老舗】数代続いて繁盛し、有名になっている店。昔から長く続いて信用がある店。先祖から続いて業を守り継ぐ『仕似せ』の意から。……ここで『仕似せ』とある。

いかんなァ、こんどは旺文社の古語辞典を開いた。
1・しにせ【老舗・為似せ】先祖代々の家業を守り継ぐことこと。「親よりしにせの商い」(浮世草子・置土産・西鶴)
2・先祖代々商売をして信用を得た。また信用を得た店。「商人はただしにせが大事ぞかし」(浮世草子・永代蔵・西鶴)守り続けている方針や主義。「頼むと有るを一寸でも跡へ」(浄・浪花鏡)

ところが隣りを見ると、
しにす【為似す・仕似す】があるではないか。
1・よく似せてまねをする。「かようの万物の品々を、よくしぬす(為似す・仕似す)せたらんと」(風姿花伝)
2・先祖からの家業を守り続ける。「「親のしにすせたる事を替へて、利を得たるは稀なり」(浮世草子・胸算用・西鶴)
3・長く商売を続けて、信用を得て繁盛する。「店(たな)一軒の主(ぬし)なり商いもしにせて」(浄瑠璃・今宮・近松)

私が車のセールス時代、人情味のある先輩がいた。よく同行させてもらい仕草を覚えた。とにかくお客さんを飽きさせず、わりと接近して肘でお客さんをつつくなどの仕草を覚えた。これが、【為似す・仕似す】ではないだろうか。トヨタのセールスを止めてもう38年になるが、未だに当時のお客さんと付き合っている。

|

« 太陽光乾電池充電発光器 | トップページ | 初めてのお使い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/60741699

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗は「ろうほ」か「しにせ」か?:

« 太陽光乾電池充電発光器 | トップページ | 初めてのお使い »