« 自動ブレーキに頼る危険性 | トップページ | 老舗は「ろうほ」か「しにせ」か? »

2014年12月 5日 (金)

太陽光乾電池充電発光器

難しいタイトルを付けたが、横文字で行った方が通用する時がある。商品名は「コンパクトソーラーライト」である。1_3
息子が持ちこできた。我が家のキッチンはだだっ広く、6人がけのキッチンテーブルと会議テーブル2本で15人で宴会もできる広さがある。だが都合の悪いことには、夜間トイレに起きると家の中が真っ暗である。だから蛍光灯の豆電球を4カ所付点けっぱなしにしている。

コンパクトソーラーライト・パナソニックBG-BL01の商品説明を見ると、
光源には、省電力かつ長寿命な白色LEDを3個搭載。 2段階の明るさ調節が可能で、「弱」使用時は約60時間と結構長い。
※1、「強」使用時でも約10時間点灯が可能です。
3880円で売っている。(このタイプいまでも売っているかなァ)Photo

充電式ニッケル水素電池が二本入っていて、これをソーラシステムで充電するのである。いつもは弱で使っていても明るいから、深夜の8時間ぐらいだから、60時間持てば一週間は使える。

昼間太陽の陽が当たる場所に置いておくと充電してくれる。しかも夜中ずっと照らし続けてくれる。足元は深夜であるが結構明るい。豆電球はもう使わなくなった。

腰が悪い私はヨロヨロせずに、カーペットにつまづかず、壁伝いに歩かなくても、トイレに間に合うから助かるヮ。(フ~ッ、チビラずに済んだ)

|

« 自動ブレーキに頼る危険性 | トップページ | 老舗は「ろうほ」か「しにせ」か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/60741687

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光乾電池充電発光器:

« 自動ブレーキに頼る危険性 | トップページ | 老舗は「ろうほ」か「しにせ」か? »