« ワシの一日 | トップページ | アッ!痛風が来る »

2015年1月18日 (日)

ノルデックポール筋肉痛

最近歩けなくなった。2007年5月に頚椎ヘルニアを、8月に脊柱管狭窄症と、あいついで手術。岐阜大学では両方手術据える場合は、最低1年は必要だ。だが例外的に5か月で手術したのが、当病院では最短であった。それが3カ月で手術したのはあなたが初めてだと言われた。

あれから順調に来ていた。岐大で手術した患者で、これほど動き回る患者初めてだとも言われた。いい気になって動きすぎたらしいが、性分でじっとしていられないのだ。手術後痛む患者さんは動かない人か動きすぎる人だと言われた。

最近手術跡あたりが痛むようになった。脊椎から尾てい骨、そこから両臀部にビリビリ痛む。杖なしでは、100mで痛み始める。

こんな時に、いちのみやタワーパークマラソンが1月11日の準備が始まり、翌日の本番を迎えた。広いサッカーグランドの会場を何度もノルデックポールで移動した。本番中に背筋の両脇の筋肉が痙攣を始めた。何か身体に異変があったんだろうか。気になって仕方がなかった。

翌日、なんということか、両方の腕の筋肉が痙攣を始めた。考えられることは、カリウム不足なんだろうか。ならばバナナかスポーツ飲料でカリウムの多いのを摂取するしかない。だが痙攣したところを押さえると痛いのである。

これはどう考えても、ノルデックポールしか思い当たる節がない。脚力が落ちた分、ポールに頼っていたことが原因ではないか。それほどまでに落ちてしまったのかと、ガッカリした。毎日マウンテンバイクで30㎞前後走っていても、脚力には何の役のもならないのか。

ところが15日になって、首が痛い。まるで寝違えたような痛みだ。電気マッサージで首筋をもみほぐす。これもノルデックポールに全体重をかけていたせいだろうか。

これからどうなる?俺の人生は。老後の楽しみは旅行ぐらいだが、旅先で歩けないのも寂しい。どう鍛えていいのか、模索中。

4月に沖縄に家族で島巡りに行く。昨年北海道に行ったとき、ノルデックポールで搭乗口に行くと、荷物検査で持ち込みが制限される。そこで頚椎と脊椎の話をすると、優先席から、他の搭乗者より早く搭乗できた。

ただ早く搭乗できるというだけだが、でも並んで立っていなくていいのが助かった。これで泡盛でも出れば申し分ないのだが。

|

« ワシの一日 | トップページ | アッ!痛風が来る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/60971711

この記事へのトラックバック一覧です: ノルデックポール筋肉痛:

« ワシの一日 | トップページ | アッ!痛風が来る »