« 年末年始は「どんどこ」という神社の行事がある | トップページ | 鏡餅にミカンはなぜ? »

2015年1月 7日 (水)

メリハリのある一年にしたい

突然メリハリという言葉がでてきた。

もとは音楽用語で、音の高低・抑揚を意味する「乙甲(めりかり)」が語源。「乙」は低い音、下がる音で、「甲」は高い音、上がる音のこと。
江戸時代のころに「かり」が「はり」も言い換えられ、歌舞伎の演技やセリフ回しの強弱や伸縮の意味でも用いられるようになり、転じて、物事における緩急の区別や変化のことをいうようになった。

そうだったのか、音楽用語だったのか。

最近走ることが出来なくなり、なんとなくだらけた生活をしている。もう25年も前に、RC(ランニングクラブ)を仲間とつくった。19人と昔のままのクラブ員はもう70歳になってきた。

走り始めた当時は、
RC(ラン二ングが楽しくてしかたがない時期だった。文字通りのランニングクラブのRCだった)
RC(しばらくすると、仲間と競う合うようになった。これはレーシングクラブのRCとなった時期だった)
RC(ところが、みんな定年して70歳となると、それは単なる老人クラブのRCと成り果てた)
RC(それがもう走っている人が少なくなり、今では旅行を頻繁にするようになり、これは旅行クラブのRCと成り果てた)

それと持病持ちが増えてきて、気が抜ない事態となった。脳梗塞で倒れたのが4人で、身体が不自由になったのが3人。内臓疾患で入退院を繰り替えしているのが1人、不整脈が1人、認知症が1人、腰痛で動きが悪くなった私ともう1人、高脂血症が1人。こんな具合だ。

もう少しメリハリのある生活をしたい。今年こそは。

|

« 年末年始は「どんどこ」という神社の行事がある | トップページ | 鏡餅にミカンはなぜ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/60908079

この記事へのトラックバック一覧です: メリハリのある一年にしたい:

« 年末年始は「どんどこ」という神社の行事がある | トップページ | 鏡餅にミカンはなぜ? »