« マクノナルドに異物混入 | トップページ | 方角の錯覚 »

2015年1月13日 (火)

いちのみやタワーパークマラソン実行委員を今年で最後にした

各マラソン大会運営記録である。 •稲沢シティーマラソン常任理事記録23年分、これは膨大で、マラソンだけでないからだ。稲沢市の主催する体育大会や駅伝まで入る。花火大会の交通整理まで来たことがある。各大会ごとに会議と準備が4回ぐらい続く。一宮から稲沢まで行き来しなくてはならない。それも一大会ごとに午後7時ごろからか会議で、前日の準備から大会へと進む。そして当日である。

•名古屋シティーマラソンボランティア記録10年分は膨大だ。名古屋の弁護士会マラソンクラブと一緒になって、コース変更や時間延長をしてきた記録だ。これも名古屋シティーマラソンと名古屋女子国際マラソンが合体し、大会そのものが「レディースマラソン」に形態を変更したのを機会に、ボランティアから手を引いた。このレディースマラソンは当初、ボランティアを無料で募集をかけた。しかも参加者が異常に多いのと、時間が7時間。ということはボランティアが前後4時間、合計11時間は見ておかないとできない。案の定、当日ボランティアで倒れる者が出たし、食事もできなかったという。主催者の読みが浅かった。今もってボランティアをやって欲しいと手紙が来るが、絶対にやらない。主催者が甘い。

•それと名古屋女子国際マラソンボランティア記録25年分。

•読売犬山ハーフマラソンボランティア記録25年分。これはボランティア記録だから大した分量ではないか、高齢化したわがクラブ員が木曽川から吹き上げる厳寒の2月の走路員は辛いので来年から手を引くことにした。

・犬山シティーマラソン。これは何年やっただろう。

•名岐駅伝を手伝うかと思っていたら、どうも主催している中日新聞が音を上げて、来年から中止。

唯一、いちのみやタワーパークマラソンの実行委員が残っている。長時間の大会準備や審査Photo


員を、私自身の腰痛で難しくなってきたからだ。2015年1月11日、大会の準備で動き回り、翌日大会本番で動き回り、実行委員長にこれを最後にすると、辞任してきた。今腰を抱えている。どうにも痛いんである。尾てい骨の上5cmから両臀部に痛みが走り、脊椎が痛い。

マウンテンバイクは座っているし前屈みだから、そんなには痛はないのでこれで動き回っている。

|

« マクノナルドに異物混入 | トップページ | 方角の錯覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/60964322

この記事へのトラックバック一覧です: いちのみやタワーパークマラソン実行委員を今年で最後にした:

« マクノナルドに異物混入 | トップページ | 方角の錯覚 »