« 犬が人の顔を認知する | トップページ | 「しつこい」の語源は »

2015年2月27日 (金)

宝くじで人生が狂った人の悩み

私もロト7をよく購入する。当たったらどうしようと悩む。年明けから、12200円・4000円・1600円・1200円・900円・そ2000円と当たりが続いている。大金が当たらなくてよかったとホッとする自分がいるのがおかしい。どうせなら何億円という金額でなく、せいぜい1千万円ぐらいの方が使いやすいだろうに。こんなニュースが流れた。

――去る2月20日、今年もグリーンジャンボ宝くじが発売された。いつかは一攫千金を手にしたいものだが、運良く高額当選したものの、逆に不幸になったと話す人もいる。「教えて!goo」には「宝くじが当たって人生狂った」という質問が寄せられた。

今回の相談者は宝くじが当選したが、その額なんと数億円!誰もが羨む人生のはずが、実際は「友人も家族も彼女も仕事も全部捨てて一人暮らし」だとか。

「月20数万の金を貰うのが馬鹿らしく」なり仕事を辞めたほか、友人との金のもつれ、家族とも分け前を渡して付き合いもないとのこと。幸せから一転した現実に「高額当選など無かった方が良かった」と話す相談者に寄せられた回答は?――

私がもしも当たったら、誰にも言わず、一人でこっそり使う事。親戚・友人に言うものなら、おごり・たかり、・保証人と際限なく広がり、もっとすごいのが、寄付金だという。これなんか絶え間なく押し寄せてくるという。それと金融関係の金融商品の売り込みがしつこいらしい。

それでとうとう転居する羽目になったという話を聞いたことがある。

宝くじを当てると3日と黙っていられないのが人間だという。オレ口が堅いからお願い、くじの神さま。贅沢は言いません使い勝手のいい金額でいいから。

|

« 犬が人の顔を認知する | トップページ | 「しつこい」の語源は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/61182692

この記事へのトラックバック一覧です: 宝くじで人生が狂った人の悩み:

« 犬が人の顔を認知する | トップページ | 「しつこい」の語源は »