« どこまでも卑劣な韓国 ソメイヨシノが韓国が起源? | トップページ | 結婚年齢限度説 »

2015年4月 2日 (木)

薬と飲食物の相互作用

久しぶりに腰痛と頚椎の検査に出かけた。

今までは岐阜大学病院であったが、私の執刀医が岐阜市民病院に転勤になった。私を一番よく知っている医師だから、市民病院に出かけた。

私は2007年8月に脊椎の狭窄症で、椎間板が変形しているので、片側椎弓を取り除き、靭帯が神経を圧迫しているので、靭帯を取った。だからいつ腰がグラグラになるかもしれないので、マウンテンバイクで、腹筋の下にある腸腰筋を鍛えた。おかげで腹回りはまるでコルセットをしているかのようにかたい。

腰椎も頚椎も現状維持で、薬を変更してもらった。

90日分薬を出してもらうえるように頼んだ。病院の近くの初めて行く調剤薬局に出かけた。そうしたら質問攻めであった。飲食物により薬の効果が、変化したり異常な効果が出る可能性みたいだ。以下はそれを調べてみた。

食品・嗜好品

医薬品

相互作用

アルコール インスリン・トルブタミド・
        グリベンクラミドなどの
糖尿病薬
血糖降下作用が強く現れることがある
トリアゾラムなどのベン
        ゾジアゼピン系睡眠薬・
抗不安薬
作用が強まり、ふらつき、めまい、記憶障害などが
起こることがある
煙草 テオフィリンなどの
喘息薬
テオフィリンの代謝を亢進させ、血中濃度の低下が起こり
作用が弱くなることがある
高蛋白食 レボドパなどの抗パー
        キンソン氏病薬
蛋白質の消化分解によって生じたアミノ酸と競合して、レボ
        ドパの腸管での吸収を低下させ作用を弱めることがある
牛乳などの
高脂肪食品
グリセオフルビン・エト
        レチナートなどの抗乾
        癬薬
脂溶性薬品のため、食事の脂肪によって吸収が増加し
血中濃度も上昇、作用や副作用が強く現れることがある
腸溶性(腸で溶けるよう
        に設計された)製剤
牛乳によって胃酸の酸度が低下し、胃で溶解してしまい
腸での吸収が減弱したり、胃を刺激して吐き気を催す
        ことがある
メナテトレノン(ビタミン
K2)・インドメタシンファ
        ルネシル(消炎鎮痛薬)
脂肪とミセル(コロイド状の集合粒子)を形成し、リンパ経由
での吸収が増大し、血中濃度が上昇することがある
粉ミルク セフジニル(セフェム系
        抗生物質)
粉ミルクの中の鉄分と反応して赤色を呈するが、効果に
        は影響がないといわれている
グレープフルーツ
        ジュース
ニフェジピンなどのカル
        シウム拮抗剤といわれ
        る高血圧治療薬
グレープフルーツ中のある種の物質が薬物代謝酵素の働
きを阻害し、薬品の濃度を高め作用が増強される。それに
        よって血圧が下がったり、ほてり、頭痛などの副作用が起
ることがある
チーズなどチラミ
        ンを多く含む食物
サフラジン(抗うつ薬)
イソニアジド(抗結核薬)
薬によりチラミンの代謝が阻害され、体内のチラミン濃度が
上昇し、頭痛、腰痛、血圧上昇が起こることがある
カフェイン含有飲
        料(コーヒー・緑
        茶・紅茶など)
テオフィリンなどの
喘息薬
テオフィリンはカフェイン類似の中枢神経興奮作用を持つ
        ため、作用が増強され頭痛、不眠などが起こることがある
コーヒー・コーラ ニコチンガム 口腔内が酸性に傾き、ニコチンの吸収が減弱することがある
マグロなどの
赤身魚
イソニアジド(抗結核薬) 魚肉中のアミノ酸であるヒスチジンが細菌によってヒスタミン
        に変化する。次にイソニアジドがヒスタミンの代謝を阻害し
体内にヒスタミンが蓄積することで、顔面紅潮、発汗、悪心
        嘔吐など起こることがある
食物繊維の
多い食品
ジゴキシン(強心薬) 吸収を妨げ、作用を減弱させることがある
カルシウム・マグ
        ネシウム・アルミ
        ニウム・鉄など
        ミネラルを多く含
む食物
テトラサイクリン系抗生
        物質・ニューロキニン系
        抗菌剤
金属イオンとキレート(構造の隙間に金属イオンが結合)を
形成し、吸収が阻害され、作用が減弱することがある
納豆・ほうれん
草・ブロッコリー
        クロレラなどビタ
        ミンKを多く含む
食品
ワーファリン(血栓症
        予防・治療薬)
納豆は腸内でビタミンKを産生し、野菜類にはビタミンKが
含まれる。血液凝固因子に働くビタミンKが、抗凝固作用
を持つワーファリンの作用を減弱させることがある

今日聞かれたのは、アルコールは飲むが、コーヒーは飲まない。アレルギーも症状はない。車は年間2000kmしか乗らない。便秘も下痢もない。たばこは吸わない。グレープフルーツなんて食べたことがない。

こういう薬剤師と質疑応答して帰ってきた。そこで調べたら上記のようであった。こうなると何を食べていいのか分からなくなるが、幸い今日調剤していただいた薬は、アルコール、コーヒー、アレルギー、車、便通、タバコ、グレープフルーツであった。

|

« どこまでも卑劣な韓国 ソメイヨシノが韓国が起源? | トップページ | 結婚年齢限度説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/61510352

この記事へのトラックバック一覧です: 薬と飲食物の相互作用:

« どこまでも卑劣な韓国 ソメイヨシノが韓国が起源? | トップページ | 結婚年齢限度説 »