« ブログも連休中 | トップページ | 謝れない人たち、ありがとうが言えない人たち »

2015年5月 7日 (木)

木が深夜に踊るという。

木が踊る『ムツゴロウの博物誌』畑正憲著の本を読んでいたら、こんな記述があった。 

――人の目には感知できないが、立木は深夜に踊ると信じている人がいる。山に時間を短縮する特殊な装置をつけたカメラを設置しておく。このフイルムを見ると、杉の並木のシーンがことに見事だった。星明かりの空に黒々と枝を広げた杉が、身もだえするように、枝や葉を振って踊っていた。それは風のせいではない、風なんかでこんな動きはしないという。

枝と枝が、それぞれのリズムで、ざわざわうごめいていた。

桜の花の動きを、花が咲いて散るまでを数分に縮めた記録フイルムを見た。葉弁が活発に動いていた。内側にまくれ込むように動き、次にそっくり返るように外側に開いた。この運動を何回も繰り返して散っていった。花があえいでいるようであり、はなやかな花芯に虫を誘い込んでいるようであった。――

最近わが家の約100年の樹齢があるというモミジが枯れ始めた。これももしかして苦しんでいるんだろうか。気になる。

きょう植木屋に電話して,診察をしてもらおうと思う。

 

右の写真の右の上の方が枯れてきている。Photo_2


|

« ブログも連休中 | トップページ | 謝れない人たち、ありがとうが言えない人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/61548506

この記事へのトラックバック一覧です: 木が深夜に踊るという。:

« ブログも連休中 | トップページ | 謝れない人たち、ありがとうが言えない人たち »