« そろそろ入梅か | トップページ | なんでもやる中国食品 »

2015年6月 9日 (火)

韓国という国の警戒心のなさ

このごろコロナウイルスが韓国内で繁殖している。アフリカから入国して街中を徘徊し、病院内を徘徊してという無警戒ぶりは、もう国民性としかいいようがない。朴大統領は日本を批判ばかりしているが、国内の経済にはなにも目を向けていないから、韓国の上位10社がほとんど下落してきている。下記はそのニュースを拾ってみた。

――中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染拡大が続く韓国に、メイクアップの研修を受けるために渡った台湾のスタイリストが、「韓国人の警戒心のなさに驚いた」と語っている。7日付で台湾ETtodayが伝えた。

スタイリストの陳採熙さんは韓国でメイクアップの研修を受け、台湾に戻ったばかり。現地では、仲間らと微粒子用マスク「N95」を着用した姿をフェイスブックに投稿し、「仕事のため、命懸けです!」とコメントしていた。

韓国人の特徴の一つに自分は自分。他人は他人というのがある。それは、どんな災難があろうが自分は大丈夫だという根拠のない「思い込み」である。しかし、その思い込みが感染症を拡大させる要因になっていることに気づかない。だから、隔離患者がゴルフに出かけたりするわけだ。

韓国で感染が広がる中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス禍は、経済にも大打撃を与えている。中国などの観光客のキャンセルも相次ぎ、消費低迷に追い打ちをかける。

輸出も減少続きで稼ぎ頭を失った状況は「(昨年4月の)旅客船セウォル号の沈没事故よりも深刻」との声もある。

危機対応でいつも失敗する朴槿恵(パク・クネ)政権は当てにならず、低空飛行の経済が失速しかねない。――

韓国内でも「無能」「無責任」「無原則」の「3無政治」と批判されている。

これでも日本の批判を繰り返すだけで、国内から罷免する運動がよく起きないなァ、日本ならすでに辞任に追い込まれている。これも国民性か。よその国だからとは言えないのが、コロナウイルスだ。韓国人はよく出入りしているからな。

|

« そろそろ入梅か | トップページ | なんでもやる中国食品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/61716525

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国という国の警戒心のなさ:

« そろそろ入梅か | トップページ | なんでもやる中国食品 »