« 日間賀島へクラブ旅行 | トップページ | 韓国という国の警戒心のなさ »

2015年6月 7日 (日)

そろそろ入梅か

なぜ梅を字がつくのか。これは梅の実がなるころだが入梅と重なるからという。

梅雨の時期が始まることを梅雨入り入梅(にゅうばい)といい、社会通念上・気象学上はの終わりであるとともに夏の始まり(初夏)とされる。なお、日本の雑節の1つに入梅(6月11日頃)があり、暦の上ではこの日を入梅とするが、これは水を必要とする田植えの時期の目安とされている。また、梅雨が終わることを梅雨明け出梅(しゅつばい)といい、これをもって本格的な夏(盛夏)の到来とすることが多い。ほとんどの地域では、気象当局が梅雨入りや梅雨明けの発表を行っている。

梅雨の期間はふつう1か月から1か月半程度である。また、梅雨期の降水量は九州では500mm程度で年間の約4分の1・関東や東海では300mm程度で年間の約5分の1ある。西日本では秋雨より梅雨の方が雨量が多いが、東日本では逆に秋雨の方が多い(台風の寄与もある)。梅雨の時期や雨量は、年によって大きく変動する場合があり、例えば150mm程度しか雨が降らなかったり、梅雨明けが平年より2週間も遅れたりすることがある。そのような年は猛暑・少雨であったり冷夏・多雨であったりと、夏の天候が良くなく気象災害が起きやすい。

この500mmの入梅時期の。、雨量は降り始めから、終わるまでで、1m平方に降る雨量のことで、500リッターです。300㎜は300リッターッと覚えておけばいい。これが一時間でというと、今は川が氾濫する。雨をためておく田んぼや土がないから、染込まずに一気に下水を伝って川に流れこむからだ。

|

« 日間賀島へクラブ旅行 | トップページ | 韓国という国の警戒心のなさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/61706533

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ入梅か:

« 日間賀島へクラブ旅行 | トップページ | 韓国という国の警戒心のなさ »