« トイレマナーの違い | トップページ | お蔭参りとは »

2015年7月 8日 (水)

逃亡するならどこの国に行くか

こんな文から始まっているのは、椎名誠著の『人はなぜ恋に破れて北に行くのか』である。

今までこんなこと考えたことがなかった。確かに椎名誠氏は世界中を渡り歩いているからまず比較が出来るからだ。それならいいが。私なんか尾張弁しか話したことがない。

まずアメリカを上げている。基本的に「相手が心地よくあるように」という日常感覚があるという。知らない者同士が目を合わせるとニコッと笑顔があるし、車の譲り合いでさえ笑顔が基本だ。でも人種差別は頑固に存在している。ハイウェイパトロールは単純なスピード違反でも2人組で銃を向けてくる。

その前に英語が出来ないと会話が成り立たない。

オーストラリアは環境はいいが、内陸部には実にハエだらけだという。

ニュージーランドは風景が美しく、住んでいる人も洗練されたいる。日本でリタイヤしてここを第二の住み家と選んだが、帰ってくる人が多いという。根強い人種差別があるんではないかという。私の友人の知人も結局帰ってきた。移住するのに移住資金としてNZ$500,000(5000万円)以上をニュージーランドに持ち込む必要があります。

アジアではマレーシアが一番いいようにもう。綺麗な街らしいから。

住みたくないのは中国だ。車はやたらとスピードを上げて割り込み当たり前。町中がごった返している。ゴミだらけ、食品の安全性に不安を持つ。最近こんなニュースを読んだ。

(CNN) 中国の国営新華社通信は24日までに、湖南省で密輸された冷凍の鳥肉や牛肉約800トンが押収されたと伝えた。この中には腐った肉や、1970年代の日付が付いた肉も含まれていたという。

同通信によれば、押収された肉は全部で時価1000万元(約2億円)相当。湖南省内や中国各地の飲食店、肉屋、スーパーなどへ送られる予定だった。

地元紙は当局者らの話として、牛肉の一部はインドから、ベトナム国境の広西チワン族自治区を経由して運ばれたと伝えている。ゴチャゴチャに混み合っている。

中国よりベトナムの方がいい。ただやたらとクラクションの音だらけ。

モンゴルは日本人は絶対住めない。プライバシーがない、デリカシーはない、遊牧民の気性は結構いいかげんだし、荒っぽいから日本人はすぐに帰ってしまう。

それならミャンマーの方が懐かしい日本の原風景がある。

ロシアはマイナス40度の国、そこで生まれた人でないとまず住めない。

ブラジルは姉が移民していたから情報ぐらいは聞いている。物の所有権が実にいいかげんで、自分のものは自分の物、他人の物も自分の物。だから強盗盗人は当たり前の国だ。カーニバルで100人以上が死ぬ。私がジョギングをしているころ、ブラジルで早朝ジョギングはできるかと聞くと、止めトケ、五体満足では帰れないという。こんな国でオリンピック出来るだろうか。

椎名さんが勧めるならばと前置きして、ポルトガル。日本人の気性でも十分住める。

ブエノスアイレスは洗練された街並みにいいかげんなラテン感覚が入り込んで楽しい。

貴方はどこに逃げますか?

|

« トイレマナーの違い | トップページ | お蔭参りとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/61857263

この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡するならどこの国に行くか:

« トイレマナーの違い | トップページ | お蔭参りとは »