« 腫物、お前は何者なんだ? | トップページ | 腹の立つことばかり »

2015年8月15日 (土)

粉瘤って何なんだ?

昨日病院に行ってきた。鼠蹊部の出来た腫物の検査結果を聞きに行ってきた。病院が近いので朝一番に頼んであった。

念のために専門医のホームぺージから記事を拝借します。

――原因から治療方法まで、分かり易く説明しましたので、ご覧下さい。小切開手術 も追加しました。
粉瘤
ふんりゅう)  は表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)とも呼ばれています。
皮膚の良性腫瘍の1つです。
脂肪のかたまりと思われがちですが、実は表皮にできた袋のような腫瘍です。
皮膚の表面と細い出口で連絡している事が多く、つまむと中から白い物が出てくることがあります。
皮膚は表皮、真皮、皮下脂肪の3層から出来ています。 
表皮は細胞分裂を繰り返して、角質層となり、最後は、「あか(垢)」とになって脱落します。
粉瘤の場合は、袋の中に「垢」がたまっていきます。

表皮の袋ですから、体のどこにできても不思議ではありません。多発する人もいます。
炎症や感染を起こすと、
感染(性)粉瘤とか、炎症性粉瘤と呼ばれています。――

nagase-keiseikai.com/newpage23.html

 

|

« 腫物、お前は何者なんだ? | トップページ | 腹の立つことばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62074863

この記事へのトラックバック一覧です: 粉瘤って何なんだ?:

« 腫物、お前は何者なんだ? | トップページ | 腹の立つことばかり »