« 自動ブレーキの安全性 | トップページ | 豪雨の中、町内の毒マッタケ老人会 »

2015年8月30日 (日)

朝食の定番は納豆

私の朝食の定番は、納豆、ごはん、赤味噌のみそ汁、目玉焼きか生卵、つくり置いた煮付け、味付け海苔としょう油、オシンコなどである。

最近悩んでいるのは、しょう油をつけた味付け海苔を上向きにして食べるか、ご飯の方に向けて食べるかという問題だ。何度も試みたが、やはり上え向きは醤油辛く、ご飯にしょう油が染みた方がいいと言う結論を得た。

最近納豆を何回かき混ぜるかで取り上げられている。NHKの「ためしたガッテン」でも何百回とかき混ぜていた。だが納豆の栄養価にはそのままでも何ら変わりがないという。しかも納豆のネバネバネバには何ら栄養価がないという。意見さまざまである。

農林水産省食品総合研究所における実験で、納豆のアミノ酸と甘味成分はかき混ぜる回数が多いほど増えるという結果がでました。 実験 (混ぜる前をそれぞれ1とする) アミノ酸の量 100回・・・・・・1.5倍 300回・・・・・・2.5倍 300回以上・・300回と変わらない。 甘み成分 100回・・・・・・2.3倍 200回・・・・・・3.3倍 400回・・・・・・4.2倍 (上記の結果から(たれを入れず)300回ほどかき混ぜることが好ましい)

●納豆と卵白はダメな食べ合わせで、納豆には、ビオチンという栄養素が含まれいて、脱毛、白髪、皮膚病などに効果があリます。しかし、ビオチンの唯一の天敵が生卵なんです。卵の白身に含まれるタンパク質のアビジンが胃でビオチンと結びつき、腸でビオチンの吸収を妨げます。なので納豆に生卵を合わせる時は卵黄だけをかけるようにして下さい。残った卵白は味噌汁に入れて食べることを勧めます。加熱調理すればアビジンのビオチン阻害作用が消えますので。

でもねェ、朝っぱらからなんでこんなに激しい運動をするんだ。私なんか20回もすればいいところ。これをご飯にのせて、グチャグチャにかき混ぜてかきこむ 。それとも生卵一個に納豆を投入、それをごはんにのせる。もう一つみそ汁に納豆を投入しかき混ぜ、ご飯にかける。要するにグチャグチャが好きなだけ。

納豆を200~300回もかき混ぜる暇があったら、もっとましなことをやったらどうだ。農林水産省食品総合研究所さんよ、いずれ文科省からイチャモンが出るぞ。学業の遅れや遅刻は、納豆混ぜ混ぜが原因していると。

|

« 自動ブレーキの安全性 | トップページ | 豪雨の中、町内の毒マッタケ老人会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62172494

この記事へのトラックバック一覧です: 朝食の定番は納豆:

« 自動ブレーキの安全性 | トップページ | 豪雨の中、町内の毒マッタケ老人会 »