« 失敗を恐れるな 3 | トップページ | 刺身などのツマの語源 »

2015年9月26日 (土)

失敗を恐れるな 4

「失敗は成功の母!」なんていわれています。試行錯誤の果てに「あれっ!?」と思うような偶然の発見をしたり、思わぬ失敗が成功につながったという話はたくさんあります。今回は、そのような事例をご紹介します。

●グレンアルコール木崎
この『グレンアルコール木崎』は失敗から生まれたウイスキーの銘柄で、お酒の大好きな人間にとっては伝説の1本です。現在は焼酎などで有名な宝酒造がかつて、キリン、サッポロ、アサヒの先発3社にビールで勝負を挑んだことがありました。

大いなる挑戦でしたが、1957年に登場した『タカラビール』は残念ながらあまり売れませんでした。大量の在庫ができてしまいましたが、これを蒸留し直して新しいお酒、ウイスキーを生み出したのです。これが『グレンアルコール木崎』です。

この蒸留し直しで新しいお酒を造る許可は、酒税を取りっぱぐれないようにと国税庁と大蔵省の意向が働いたなんていわれていますが……。しかし、『グレンアルコール木崎』は今も「あれはうまかった」と語り継がれてるとか。これも失敗から生まれた成功の一つではないでしょうか。

●ブランデー
これはブランデーにまつわる伝説です。14世紀のフランスにアーノルド・ヴィルスーブという錬金術師がいました。このアーノルドは医者であり、占星術師でもありました。ちっとも金が生成できないので、ある日、白ワインをあおって寝てしまいます。

眠る前に、彼は白ワインをフラスコに入れて熱していました。「しまった!」とアーノルドが起きてみると、フラスコには蒸留されたブランデーができていたというのです。どうもお酒にまつわる「失敗が成功に!」という話が多いようです。お酒だけに失敗がつきもの、といったところでしょうか(すみません)


……なるほど、アルコールでの失敗は私の仰山あるが、私のは飲んでの失敗で商売にはなりませんでした。

|

« 失敗を恐れるな 3 | トップページ | 刺身などのツマの語源 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62308330

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗を恐れるな 4:

« 失敗を恐れるな 3 | トップページ | 刺身などのツマの語源 »