« 刺身などのツマの語源 | トップページ | しんがりって殿だって? »

2015年9月28日 (月)

靴擦れにバンドエイド

靴擦れはマラソン、特に100km以上走る大会でよく作った。大抵は肌の方に貼るよね。そうすると汗でだんだんバンドエイドが剥がれてくる。何度も何度も貼り換えて走るが一向に収まらない。

※カットバンやバンドエードは商標登録された商品名だ。これをいうならば、ガーゼ付きばんそうこうといわなけらばいけばい。もしここで、「なんだバンドエイドは、役立たず」なんて言おうものなら、ジョンソン・エンド・ジョンソン社から訴えられる。

ある日朝一番で名鉄に乗って豊橋まで行き9時にスタートした。そこから東海道を探しながら5月の少し暑いから公園で頭から水をかぶりながら90km走り、夜9時ごろわが家に着いた。

この途中何度も水をかぶったから、足が濡れてきて、ブヨブヨ状態になったから、いつ靴擦れが出来てもおかしくない。そこで靴擦れを起しそうな靴の方にバンドエイドを張り付けた。これがお見事大正解で、以来大会では、靴の方に張り付けて走った。

ところがとんでもないところが擦れてきた。Tシャツを綿でなく、化学繊維の物を着ていたから、通気性はいいし濡れないからいいが、なんせ繊維の肌が荒いから、乳首が擦れかけた。

フルマラソンで10kmも行かないうちに、乳首が痛くで走れなくなった。そこで救急テントに走り込み、係の高校生に、カットパンを両乳首に貼って貰った。それ以降快適に走られた。擦れるところにバンドエイドをお忘れなく。でも股擦れには不向きです。ここはワセリンを擦りこんでおくように。

|

« 刺身などのツマの語源 | トップページ | しんがりって殿だって? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62310876

この記事へのトラックバック一覧です: 靴擦れにバンドエイド:

« 刺身などのツマの語源 | トップページ | しんがりって殿だって? »