« どじょう汁が食べたい | トップページ | 失敗を恐れるな 2 »

2015年9月22日 (火)

失敗を恐れるな 1

息子の入学式に行ったとき、学長の挨拶で、失敗は成功につながった話をしていた。それが下記の成功例である。

「失敗は成功の母!」なんていわれています。試行錯誤の果てに「あれっ!?」と思うような偶然の発見をしたり、思わぬ失敗が成功につながったという話はたくさんあります。今回は、そのような事例をご紹介します。

●バイアグラ
ED
治療薬として有名な『バイアグラ』はファイザー製薬で開発された薬です。しかし、元々は「狭心症」の治療薬として開発が進められていたのです。血管を弛緩(しかん)させて、血流を良くする効果を狙っていたのです。

ところが、いろいろと治験を重ねてみると、陰茎、またその周辺の血管によく効くことが判明します。「それならもうそれでいいじゃん!」と言ったかどうかは不明ですが、結局ED治療薬『バイアグラ』が誕生しました。

……これは試したい。

●清酒
これは、酒所として有名な大阪府「伊丹」に伝わる伝説です。400年以上前に、ある伊丹の造り酒屋に解雇された従業員が、その腹いせにその店の酒の酒桶(さかおけ)に灰を放り込むという嫌がらせをしました。酒屋は「困ったことしやがって」と頭を抱えます。

ところが翌朝、その酒桶をのぞいてみると、灰汁(あく)の効用で酒はきれいに透明になっていました。それまではにごり酒しかなかったのですが、「これはいい!」ということで清酒は伊丹の名産になりました。

……この話は『水戸黄門』のテレビでよく出てくる。

●ダイナマイト
アルフレッド・ノーベルが発明した「ダイナマイト」もある失敗から生まれました。ニトログリセリンは不安定ですぐ爆発する液体で、これを安定的に扱う方法を考えなければなりませんでした。ある日、ニトログリセリンを保管する容器が壊れ、ニトログリセリンが漏れてしまっていました。

大変に危ない状況ですが、容器の周りのケイ藻土にニトログリセリンが染み込み、混ざっていることを発見します。ここからニトログリセリンを安定的に扱う方法が見い出され、これがダイナマイトの発明につながったのです。

……何がノーベル賞だ。人殺しの火薬をばらまいたたけだがやァ。だから罪滅ぼしに始めたのがこの大賞だ。

|

« どじょう汁が食べたい | トップページ | 失敗を恐れるな 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62308311

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗を恐れるな 1:

« どじょう汁が食べたい | トップページ | 失敗を恐れるな 2 »