« スズキワゴンRリコール終了 | トップページ | もう年賀状の季節か »

2015年10月28日 (水)

いじめと折檻

こんなニュースが流れた。

――文部科学省は、学校でのいじめについての調査結果を発表し、小学校でのいじめの認知件数が過去最多となったことがわかった。

 調査によると、2014年度のいじめの認知件数は、中学校では前の年度より約2000件減った一方、小学校では2000件以上増え、12万2721件と過去最多となった。

 また、小学校の各学年の認知件数について、2010年度のデータと比べると、小学1年生が5.8倍、小学3年生が3.4倍となり、低学年に増加傾向があることもわかった。――

この12万2721件は表立った数だろう。

この関連で、過去にいじめで娘を亡くした方が、全国の学校を講演して歩いている番組を見ていた。子供たちの感想文の中には、自分もいじめに遭ったことがあり、その仕返しのような形でいじめていたとある。幼児期親からの折檻、しつけ、不用意な暴力などが原因しているという。

3歳までは愛情で育て、3~10歳までは急に脳の発達がよくなり、この時期に好奇心を持たせることだ。そうすればたぶん一生モノの好奇心が備わる。これは脳学者が行っていっる。

「折檻」という言葉を探したら、こんな意味があった。
この言葉から思い浮かぶのは、いじめ、陰惨、陰険、理不尽、節操のない痛めつけ、しかも相手は抵抗できない子供。タバコの火、投げつけ、踏みつけ殴るけるという残忍極まりない諸行は許しがたく、蛮行としかいいようがないのが昨今の折檻だ。

許しがたいなんて言葉で簡単にかたづけたくない。自分が弱者の立場になったらどう思うか、と考えれば答えは出てくるはずなのに。折檻とはこういう一方的な痛めつけに思えてしかたがない。

でも、なぜおれるの「折」とおりや牢屋を意味する「檻」で、こんなことになるのかと不思議に思った。檻が折れるで折檻になるゆえんとはなんぞや。おそらく、いや間違いなく中国の故事からきている。調べるに、もとは君主を強く諌める意とある。へェー、上から下へ、強から弱へでなく、下から上に対して折檻だった。

今の世、大会社も大証券会社も、銀行もやりたいことやってきた。政治家も陰に隠れて何やっているのか知れたもんでない。この悪玉連中をバッサリと折檻してくれる英雄が出てこないかなァ。

わが国では転じて、広く、きびしく意見して戒める意、また、からだを叩いたりしてこらしめることもいう。

もとは、漢の朱雲が悪臣の張禹(ちょうう)を殺させてほしいと成帝(前六年ごろ)に願い出た時、帝(みかど)はおおいに怒って朱雲を死罪にしょうとした。御史(ぎょうし=帝側の侍臣)が朱雲を殿上(宮殿の上)から引き下ろそうとしたが、朱雲が檻(てすり)にしがみついて動かないので、檻が折れたという故事による。やむを得ず、のちに檻を直したのちに帝のいかりが解け、この君主をはばからず諌めようとした家来を褒めたたえたという。

帝も立派なら朱雲も立派である。今の政財界の重臣に聞かせてやりたいヮ。(漢書、朱雲伝)

でもやぱりいじめは、された方の心に傷が残る。

|

« スズキワゴンRリコール終了 | トップページ | もう年賀状の季節か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62563575

この記事へのトラックバック一覧です: いじめと折檻:

« スズキワゴンRリコール終了 | トップページ | もう年賀状の季節か »