« 足の指がチリチリする | トップページ | スズキワゴンRリコール終了 »

2015年10月26日 (月)

乾杯の歴史

乾杯の歴史をこう書いてあった。

『ごっくん青空ビール雲』椎名誠著には、もともと死の儀式だという。
――フランスの話である。
戦争にまけた一方の軍の将校たちが、ワインに毒をまぜて死ぬことにした。いつの世でもずるい奴が必ずいて、自分だけは毒を入れずにごまかそうとした。そういうやつを逃さないために毒入りのワインの入った器を全員で激しくガツ~ンとぶつけてワインを毒ごと飛び散らせ、全員平等に死んでいたらしい。――

パソコンで調べると、
――古代に神や死者のために神酒を飲んだ宗教的儀式が起源らしく、転じてやがて人々の健康や成功を祝福する儀礼に変化したそうです。では、なんでチーンとグラスをあわせるのか。これは諸説ありますが・・・

・酒の中に宿っている悪魔を追い払うために、グラスを会わせて音を立てる。
・グラスを勢いよくぶつけ合うことで、互いの酒を混ぜ合わせ、毒が混入していないことを証明。
・家の主と客が乾杯し、同時に飲み干すことで、客にすすめる酒に毒が入っていないことを証明。
だ、そうです。――

椎名さんの話と少し違う。「毒」は同じだが、入っているか入っていないかの違いではまったく違う。

私の姉はブラジルに移民している。この夫婦2人と子供夫婦2人、孫2人がドカンとやってきたとき、乾杯するときに「チンチン」と言ったぞ。下記にあるイタリアもスペイン語系で、同じことを言っている。スペイン語ポルトガル語とは、ブラジル人(ポルトガル語)では、スペイン語とポルトガル語で8割方、意思疎通ができるという。

日本語で言う乾杯を外国語に訳すとどうなるのでしょうかねェ。
意味は基本的に、どの国も健康を祝して!と言った感じです。(毒入りとずいぶん違うが)

   イギリス・アメリカ・カナダでは、Cheers!(チアーズ)
 フランスでは、A votre sante!(アボートゥル サンテ)
 ドイツでは、Prosit!(プロージット) もしくは、Prost!(プロースト)
 スペイン・メキシコは、iSalud!(サルー)
 エジプトでは、Fi Sihhitak!( フィ シヒタック)

と、ここで面白いのがイタリア。Cin Cin!(チン チン)だ、そうです。そういや、下ネタとして聞いたことあるなァ。

中国では乾杯!(カンペイ)というそうです。さて中国が先か日本が先なんだろうか。中国がこれは我が国のものであると言い張るだろうか。まさか韓国まで割り込んでくることはないだろうが。

また、タイではChai Yoo!(チャイ ユー) ・・・・万歳!と言う意味、だそうです。

昨夜は町内の懇親会でたらふく乾杯をしてきたぞ。宴たけなわで寝てしまったが。

|

« 足の指がチリチリする | トップページ | スズキワゴンRリコール終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62544484

この記事へのトラックバック一覧です: 乾杯の歴史:

« 足の指がチリチリする | トップページ | スズキワゴンRリコール終了 »