« キンチョウ蚊取り線香のなぞ | トップページ | 最高の空港トップ10 »

2015年10月21日 (水)

椎名誠氏がのぞいた名古屋

『ごっくん青空』椎名誠著で、こう書いておられる。
――名古屋がよく分からない土地で、個人的にはあそこのなりふりかまわなく「みーんなわしらの勝手だもんね」ぶりは好きだ。――ならばいい。

――白味噌でも赤味噌でもない濃厚八丁味噌をそこらにぶちまけてしまう味噌煮込みうどんなどという近所迷惑なものを作ってこれが結構うまい。モーニングサービス競争はいまだに加熱していて、コーヒー一杯頼みとまず割り箸が出てきて最初にみそ汁を飲めという。続いて寿司が2カン出てきて茶碗蒸しが出ておでんがあってフルーツポンチが出てきて280円だったりする。――

確かにこの八丁味噌でつくった味噌煮込みは白味噌県から来た人を驚かす。なんでこんな泥をこねたような味噌に、半煮えの固いうどんがうまいのかというらしい。確かにうどんは固い。でもこの味噌の深みは耐え難いほどうまい。これを白味噌県を引きつけている。

コーヒー代は、今でもそうかというと、この本の出版は2011年春と巻末に書いてある。もうそんな頃350円はしていただろうに。

――24時間モーニングサービスという訳のわからない店もある。冷やし中華にはマヨネーズかけちゃうし、アイスクリームの中に鶏肉をまぜたりする。――

椎名さん、いっとくけどねェ、椎名さんは自書に「うどんにマヨネーズ」がうまいって書いてあったがありゃウソか(ウン?)。アイスクリームに鶏肉は知らんなァ。

味噌は何も「煮込み」だけじゃないんだぜ、カツに味噌かけて「味噌カツ」が名古屋名物だ。
名古屋の桜山で、義兄は二代目の味噌カツ屋をやっている。先代が戦後間もなく一宮で始めたという。テレビや舞台で活躍中の女優の山田昌さんがお気に入りな店をやっている。味噌田楽・味噌どて・味噌玉(玉子)・味噌串カツ……。

1998年8月、神奈川県相模原市に「かつや」第1号店を開店した。それがこの一宮に出店したら、味噌カツを早々に出すようになった。郷に従ったわけだ。

モーニングサービスの元祖として、愛知県一宮市・愛知県豊橋市・岐阜県岐阜市・広島県広島市などが挙げられる。
歴史としては、1950年頃繊維業が盛んであった愛知県一宮市で、商談などで朝から集まった人のために店がピーナツやゆで卵を付けたのが、当地のモーニングサービスの始まり、との説がある。

私も車のセールスの始まりは、1958年、この一宮からだった。織機が「ガチャンガチャン」と鳴り響くと話が出来ないから、喫茶店で商談することはしばしばあった。一宮人としては、元祖だと思いたい。

順位都道府県名      

人口1000人当りの喫店数

1 高知県 1.79
2 岐阜県 1.60
3 愛知県 1.46
4 大阪府 1.35
5 和歌山県 1.22
6 兵庫県 1.12
7 香川県 1.08
8 京都府 1.06
9 三重県 0.96
10 愛媛県 0.95

高知のモーニングもすごいらしい。一宮も負けてはおれんぞ。

|

« キンチョウ蚊取り線香のなぞ | トップページ | 最高の空港トップ10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62512779

この記事へのトラックバック一覧です: 椎名誠氏がのぞいた名古屋:

« キンチョウ蚊取り線香のなぞ | トップページ | 最高の空港トップ10 »