« 警察の語源 | トップページ | ノーベル賞もユネスコの登録も政治利用されている。 »

2015年10月14日 (水)

ユネスコと国連の分担金の支払い

国連への拠出金をアメリカは25%も払っていたのですか・・・それだけ負担していて、国連が(アメリカの意向に沿うような)改革がなされないなら、もう払うのやめた!というのもある程度わかりますね。つまりは費用対効果ですから。

日本とアメリカで合計45%を受け持っていて、現在アメリカが払っていないのなら、日本も支払いをやめたら国連の維持活動費は約半分になって存続が危ぶまれるわけですよね。だったらそれをカードに使って常任理事国入りを認めさせることも出来るのでは???と今考えました。もしこの国にそれをできるだけの政治力、外交力があれば常任国入りをしてもそれなりの見返りを得ることができるでしょう。でもこのままでは「国際貢献」の名の下に金を搾り取られ続けるだけなのでしょね。

国連の金の不払いにしましょう。

ユネスコでは、

――菅義偉官房長官は12日のBSフジの番組で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が世界記憶遺産に「南京大虐殺」に関する資料を登録したことと関連し、日本がユネスコに拠出している分担金について「政府として停止・削減を含めて検討している」と述べた。――

1位 アメリカ  22%     →拠出金停止中
2位 日本   19.572%  → 平成18年 約84億円(文科省HP)
3位 ドイツ   8.7%
4位 イギリス 6.1%

これだけ貢献しているのに、勝手に中国などのに振り回されている国連やユネスコに、良いように振り回さてれいる。これ皆国民の血税だぞ。それで消費税10%、俺たち老人はどうしたら毎日平穏に暮らせるのかねェ。

国連の常任理事国は軍事大国だからなァ。日本は金だけむしられて……。

|

« 警察の語源 | トップページ | ノーベル賞もユネスコの登録も政治利用されている。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62466689

この記事へのトラックバック一覧です: ユネスコと国連の分担金の支払い:

« 警察の語源 | トップページ | ノーベル賞もユネスコの登録も政治利用されている。 »