« 一宮競輪場が黒字化 | トップページ | 足の指がチリチリする »

2015年10月24日 (土)

早メシ早グソ早ショウベン

大草原を馬で隊列を組んで走る旅をしたという本を読んでいた。

この中で、
――シベリヤの原野を一列縦隊で馬を走らせていたんだ。走りながら直前を行く馬を見ていたら尾を大きく持ち上げるんだよ。なんだろうあいつ、と思ってなおもそのあたりを見つめて走っていたら、肛門がいきなりずんずん丸く大きくなっていく。あれれ何かな、と思っていたらバスン!とこちらに糞玉が飛んできてモロ。それいらい肛門が黒く大きくなったらスピードを緩めるか方向をかえるようになった。――

動物は糞をしているときがいちばん不用心な格好なんだ。天敵に狙われやすい。弱い動物ほど時間が短いし、いざとなれば走りながら糞ができる。

これを読んでいて、最近身につまされる自分の体調が気になった。腰痛で痛み止めをよく服用していた。このなかの薬が原因していて、頻尿と下痢に悩んでいた。腰痛対策で筋力を落とさないようにマウンテンバイクに乗ることが多い。およそ一日30km前後わ走っている。

だがところ構わず襲ってくる頻尿と下痢に往生した。だから前の馬の気持ちがよく分かる。

人間以外の動物は、糞をするとき脱肛する。要するに腸が飛び出して糞をする。だから尻を拭くということをしなくてもいい。人間はしなくてもいい起立ということしをたから、どうしても尻を拭かなくていかんのだ。

41歳からマラソンを始めた。ただいま73歳。走り始めたころは、どこにトイレがあり、空き地があり、物影があるか熟知していた。でも自転車ならスピードがあるから、トイレに駆け込む時間がかからない。ジョギングではそうはいかない。チビル確率が高い。だから排泄場所を知っていた 。

でもマウンテンバイクはそうはいかない。サドルが肛門を刺激するから、不意に便意が襲ってくる。チチチチビル~~~~~!そして目的地に着くと、内また走行になり、駆け込むが、時には間に合わないことがある。そうなると人気のない田舎道をユルユル帰ってくることになる。なにか寂しい老人となりつつある。

オレッて、草食系なんだろうか?

|

« 一宮競輪場が黒字化 | トップページ | 足の指がチリチリする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62532088

この記事へのトラックバック一覧です: 早メシ早グソ早ショウベン:

« 一宮競輪場が黒字化 | トップページ | 足の指がチリチリする »