« ウエルテル効果 | トップページ | 老人会は栗ごはん »

2015年10月10日 (土)

「わさび鉄火」を手に入れたぞ

東海ラジオの『カニタクいったもん勝ち』で一躍有名になった、「わさび鉄火」というアラレにノリを巻いたものだ。だからといって、ただのアラレではないい。この中に非常に辛い、しかも新鮮なわさびが仕込んである。鼻にツンツンくる。知って食べたからそら来たと思った。これを知らずに食べたらのけぞると思う。

10月17日に神社の「新嘗祭」が行われるので、昨日そのお茶請けを買いに行った。市内にあるM屋という、結婚、遠足、旅行などに使う詰め合わせの菓子専門店である。ここでいきなり店員に聞いてみた。

「わさび鉄火」はありますか」というと、レジの真ん前に2箱積んであった。その一箱がもう半分無くなっていた。さっそく5袋ゲットした。一回り買い物を済ませてレジに行くと、「わさび鉄火はお一人2袋にしてください」という。一袋は神社でみんなに食らわせてやる。今日は氏子委員がもう一人来ているので、神社に1袋、彼が2袋、私が2袋で計5袋ということで買い物が済んだ。

17日には例祭があるが、権禰宜さんには例祭後に食べさせることにした。例祭前に食べさせると、むせて祝詞が挙げられなくなるかもしれないからだ。

私は辛いもの好きだが、鼻にくるツンツンとした和ガラシや洋ガラシは、タバスコの辛さと違っ1
5て耐え難いものがある。タバスコは一番辛いハバネロというものをいつも常備している。ココ一番というカレー屋では、辛さが10段階ある。その6辛まで食べたところで、十二指腸潰瘍になり緊急入院した。手術後辛さの挑戦は止めたが、少しずつ辛さが進んでいる。4

わさび鉄火の風袋は全体にわさび色、右下には赤い背景に白抜きで超激辛とある。これが


なかなか手に入りにくく、神戸の植垣米菓という発売元まで注文を箱ごと予約するが、生産が追い付かないという。マスコミの力は大きい。たった一言つぶやいただけで生産が追い付かない事態になる。

いまラジコといって、全国の民放が聞けるようになったから、このわさび鉄火もしばらく反応が続くだろうなァ。

|

« ウエルテル効果 | トップページ | 老人会は栗ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62444985

この記事へのトラックバック一覧です: 「わさび鉄火」を手に入れたぞ:

« ウエルテル効果 | トップページ | 老人会は栗ごはん »