« お転婆 | トップページ | 世界の風呂 »

2015年10月 1日 (木)

頻尿と不眠症か

どういう具合なのか、突然夜間頻尿になる。何がいけなかったのか。

たしか夕食過ぎたころに胃薬のガスター10を飲んだ。最近ねェ、どうにもこうにも胃に不快感がある。そうなるとロキソニンを飲むことに不安を感じる。マラソンの友人看護婦に聞いたら、ガスター10とビオフェルミンで大抵治るという。以来これを常備薬としているが、私はあまり薬に頼らない。でも腰痛がひどい時は、どうしても痛み止めに頼る。

昨夜は昼飯は2時頃取った。それで夕食は食べなかった。でも胃には不快感があるから、ガPhoto_2
スター10を飲んだのが6時ごろだ。寝る前に病院で調合していただいた痛み止めのミオナールと調剤された胃薬を飲んだ。寝たのが11時ごろだった。ところがだ、それからが大変で、30分おきにトイレに駆け込んだ。頻尿の始まりだ。それが深夜2時ごろまで続いた。だからまったく寝られない。仕方がないので、本を読み始めたら、目がどんどん覚めていたから余計に始末が悪い。

起きて本箱から廃品回収の本の中から持ち帰った『早わかり医者の薬』病院の薬1万種類がすぐにわかる、これを枕元に持ってきた。いま飲んだ薬の副作用を調べ始めた。

ガスター10……再生不良性貧血、血液の異常などがあり、頻尿をさがした。便秘(これはない、かえって下痢に近い)、吐き気、肝・腎機能障害(これはイカンなァ、それでなくてもγーJTPが高いから)、気になるのは、男性の女性化乳房である。どうも最近胸が張る…。

ロキソニン……気になるところは、肝機能障害、胃痛、食欲不振、下痢、むくみ、排尿障害。これが犯人か。

ミオナール……胸やけ、運動失調、肝腎機能障害、食欲不振、胃部不快、下痢など消化機能症状、むくみ、尿失禁や残尿感など泌尿器の異常。

怪しいと思ったロキソニンは、最近になって、「腎臓の血流を低下させる作用があるため、尿の産生量を減らす作用を持っています。この働きを利用して、多尿の方が悩んでいる頻尿症状を緩和することが期待できるのです」ということが分かった。これでは有罪とはきめがたいが胃にはすこぶる良くない。

ミオナールはよくマウンテンバイクで出かけるときに、腰痛対策として飲んで出かける。途中急な下痢でトイレに駆け込むことが多いのは、これが原因しているのか?尿失禁や残尿感など泌尿器の異常。どうも執行猶予つきの有罪か?

飲まないのこしたことないが、腰が痛い。下痢はどの薬も付いてくる。でも深夜の頻尿だけは避けたい。寝られないから、ただいま朝の9時にならんとするが、眠気が来た。お休み……。ZZzzzz~~~~z。

|

« お転婆 | トップページ | 世界の風呂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62381366

この記事へのトラックバック一覧です: 頻尿と不眠症か:

« お転婆 | トップページ | 世界の風呂 »