« 救急車で運ばれた | トップページ | 胆石が行方不明? »

2015年11月25日 (水)

赤味噌おでん

先週テレビで名古屋の赤味噌の料理を紹介していた。味噌カツ、味噌おでん、味噌煮込みうどん。これをゲストが「初めて見た時は手が出なかったが、食べるとこれがうまいという評価であった。これは白味噌では出ない深い味わいがある。熟成期間が3年以上という豆味噌で、塩分が多いがそれを感じさせない深みがある。

なぜか急におでんが食べたくなった。真清田神社の北西に「角屋」がある。看板には「中華そば・串かつ」と出ている。昼間は11時から2時・夜は4時かららしいがあたしは昼間しか行ったことがない。今から15年h度前、車の営業をしているとどうしても外食ばかっりになる。ここにはよく行っていた。今は定年になり、ひと月に2回ほど出かけている。

昔は屋台から始めたそうだ。一宮にはそういう屋台出身の料理屋が多い。いつごろからの味1噌だれなのか知らないが、毎日継ぎ足されているから、戦後間もなくの味噌はないと思う。一週間で入れ替わっているだろう。それほど客も多いということだ。その味噌だれが真っ黒になっているほど煮込まれ、具から出る煮汁がよく効いてるから深みがある。

鍋の中には、卵が味噌だれで黒くなっている。名古屋駅の新幹線切符売り場の近くにキヨスクがある。ここは名古屋名物がたくさん売られている。この中に手羽先・味噌カツや「味噌玉」とうのがある。4私も知らなかったが、これは赤味噌おでんで煮込んだ卵なんです。

練り物には、かまぼこ1/2・ちくわ一本・丸いつくねが串に3個…練り物はいい味を出すから、宴会でいえば宴会部長のような奴だ。鍋の中の仲間たちを和ませる。

とんちゃん…串カツの衣のないやつをそのまま味噌の中で煮込む(ドテ)。これにトウガラシを振りかけ、寒い冬は厚手の生地を風よけにして、味噌だれから登る湯気で暖を取りながらコップ酒を飲む昔を思い出す。この味噌をご飯の上でトントンして食べるのが好きだ。

串カツには、ソース派と味噌派の分かれる。ソースに何が混ざっているのか知らないが、ピッリッとコショウの感じがする。私は味噌の中に付け込んで食べるのが好きだ。

だいこん…なんてお前はいいやつなんだと褒めてやりたくなる。鍋の中で自分を主張せず、皆の意見を聞いて、周りの味を全部吸い込んでいる。

コンニャク…これはいつでも冷静で、自分を出さずしかも人の意見を吸い込まず、いつも自分の閉じこもっている(閉じこもり症候群とは違うよ)。でも若い独身男には優しい。(世話になりました)

木綿豆腐を1/8を串に刺したもの。これと厚揚げ、これは歯に優しいし胃にも優しい。オ~イビール持ってきて~ッ。(もう飲んでるでしょ…ボケたか)

里芋…時期になる登場する。季節用品。

またヨダレが出てきたぞ。

|

« 救急車で運ばれた | トップページ | 胆石が行方不明? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62693605

この記事へのトラックバック一覧です: 赤味噌おでん:

« 救急車で運ばれた | トップページ | 胆石が行方不明? »