« 鬼とか河童とか? | トップページ | 妙興寺のネコとカマキリ »

2015年11月28日 (土)

血流とマグネット

街中で血流が良くなるマグネットの宣伝をやっていた。そこで5万円もする手首にはめるマグネットのブレスレットを購入した友人がいた。

あなたの血液はドロドロですと、客自ら採血した血液を顕微鏡で見せられて驚いた。そこで取り出したマグネットをはめて改めて顕微鏡を見るとサラサラになっているので、驚いた。ところがいくらもしないうちにこれがインチキであることが判明した。どろどろの血液はあらかじめ制作された画像で、客を驚かせて購入させる手口だった。

あるドクターのホームページより。
――血液成分はプラスイオンとマイナスイオンのものがあり(プラス・マイナスの電荷を帯びたものでは無いようです、彼らの理論としては)、これに磁力を浴びせることによって「フレミングの左手の法則」が働くことによって血液の流れが促進され血行が良くなる、らしいです。多分、血液中の赤血球にヘモグロビンが含まれていて、そのヘモグロビンは鉄を含んでいるから磁力に反応するということなんでしょうね。実は様々な研究によって血液は磁力に影響を受けないし、磁気健康治療器の効果もプラセボの域を超えないことが明らかになっています。もちろん、医学の研究は自由な世界ですから、それに対する反論を中心とした論文も探せば見つかるでしょうけど。

もし、血液が磁石に影響されるとしたら、赤血球が磁力によって引きつけられて血管壁にくっ付いてしまって逆効果なんじゃないでしょうか?当然、血行不全を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞起こしますよ。――

この逮捕劇が下記の記事です。

――血液がサラサラになる、と健康効果があるように偽ってブレスレットを売りつけたとして、千葉県警生活経済課と鎌ヶ谷署は6日、東京都豊島区の健康器具販売会社「サンキョーコーポレーション」社長の同区池袋2、梶本稔容疑者(60)と同社幹部ら計7人を詐欺の疑いで逮捕した。
   (中略)
 調べによると、梶本容疑者らは2006年2月から10月までの間、お年寄りの女性ら愛知県などの計18人に、健康効果があるように偽って1本約2万円で仕入れた「ゲルマニウムブレスレット」を25万~30万円程度で販売し、計約680万円をだまし取った疑い。

 梶本容疑者らは、健康食品や健康器具を特設会場で即売する内容のチラシを、住宅のポストに投函(とうかん)するなどして客を集めていた。特設会場は、空き店舗を借りるなどして短期間で移動を繰り返し、販売場所を転々としていた。

 客に自分の指先を針で突かせ、ブレスレットを使用する前後の血液を採取。それぞれの顕微鏡画像をパソコン画面に映し出し、使用前は「赤血球が数珠つなぎになっている」などと説明。使用後はカバーガラスをかけて赤血球間のすき間をあけ、「どろどろだった血液が改善された」などとだましていたという。――

この商法で逮捕された記事です。それにしてもこの製品がどんどん出てきている。こんなことがまかり通るんだなァ 

一時期バブルスターという風呂に泡を出すものや、洗顔器もあった。あれ全部絶滅したと思ったらまた別物が出始める。通産省が規制すればいいのに。使うと違反になるが売るのは構わないという、変なの。

|

« 鬼とか河童とか? | トップページ | 妙興寺のネコとカマキリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鬼とか河童とか? | トップページ | 妙興寺のネコとカマキリ »