« 東海ラジオへ投稿 | トップページ | 毎日毎日プレミアム12で寝不足 »

2015年11月18日 (水)

花押をただいま練習中

ここ半年ぐらい、花押が気になって仕方がない。花押って歴史があるんだな。それは印鑑というものがなかったから、自分が書いたというなんらか印をつけなければならない必要性があった。だから当時の筆記具もしくはノミとかでキズをつける。

というところまで書いて、印鑑を調べると、なんと、紀元前まで遡った。
――原始的な印章は中東の遺跡(紀元前7000年 - 6000年頃)から発掘されていて、紀元前5000年頃に古代メソポタミアで使われるようになったとされる。最初は粘土板や封泥の上に押すスタンプ型の印章が用いられたが、後に粘土板の上で転がす円筒形の印章(円筒印章)が登場し、当初は宝物の護符として考案され、のち実用品になったが、間もなく当時の美意識を盛り込んだシリンダー・シールとなった。――

どこの城でも石垣に印があり、確かピラミッドにもあったような気がした。類似語辞典で調べると、広義ではこれ2_23_2はサインである。

花押の歴史は、
――花押は、主に東アジアの漢字文化圏に見られる。中国の斉(5世紀ごろ)において発生したと考えられており、日本では平安時代中期(10世紀ごろ)から使用され始め、判(はん)、書判(かきはん)などとも呼ばれ、江戸時代まで盛んに用いられた。世界各地においても、花押の類例(イスラム圏でのトゥグラなど)が見られる。――

そろそろ年賀状を書き始める。今年はこの花押を入れてやろう。まだ決定した訳ではないが、ただいま練習中です。これをもう少し記号化するかデザイン化したいなァ。これってカードのサインにも使えそう。あと半月ほど練習してモノにしたいなァ。

|

« 東海ラジオへ投稿 | トップページ | 毎日毎日プレミアム12で寝不足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104043/62663317

この記事へのトラックバック一覧です: 花押をただいま練習中:

« 東海ラジオへ投稿 | トップページ | 毎日毎日プレミアム12で寝不足 »